コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三俣蓮華岳 みつまたれんげだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三俣蓮華岳
みつまたれんげだけ

長野,富山,岐阜の3県境に位置する山。飛騨山脈の中央部にある。標高 2841m。稜線が3方に分れることが名称の由来で,南方は槍ヶ岳方面,北東は野口五郎岳,針ノ木岳方面,北西は薬師岳,立山方面へ延びる。古生代末の花崗閃緑岩から成る。山腹は黒部川高瀬川,高原川の上流に浸食されて急斜面をなすが,山頂には飛騨山脈で最高位の平坦面が残る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三俣蓮華岳【みつまたれんげだけ】

富山・長野・岐阜県境,飛騨山脈のほぼ中央部にある山。越中側からは鷲羽ヶ岳と称され,江戸時代の国絵図にみえる。標高2841m。立山,後立山,槍・穂高の各連峰への分岐点にあり,黒部川,金木戸川などの源流をなす。
→関連項目大山[町]黒部川立山中部山岳国立公園燕岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつまたれんげだけ【三俣蓮華岳】

飛驒山脈中部,長野県大町市,岐阜県吉城郡上宝村,富山県上新川郡大山町の境に位置する山。標高2841m。山頂の北は黒部川,東は高瀬川,南西は神通川のそれぞれ源頭部にあたる。山体は古生代末期の花コウセン緑岩で構成される。山頂付近には数個のカールが分布し,なだらかな地形を呈することから,氷期に高原氷河が発達していたと考えられている。夏には高山植物が多く咲き,ツキノワグマなどの動物も多数生息している。古くは越中側で鷲羽(わしば)ヶ岳と呼ばれ,北東に位置する鷲羽岳は獅子ヶ岳または東鷲羽ヶ岳と呼ばれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県(長野県・岐阜県)〕三俣蓮華岳(みつまたれんげだけ)


富山・長野・岐阜の3県境、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)の中央部に位置する山。標高2841m。この山を基点に北西の立山(たてやま)連峰、北東の後立山(うしろたてやま)連峰、南の槍ヶ(やりが)岳・穂高(ほたか)岳へと尾根が分岐し、北アルプス縦走コースの要所に位置する。なだらかで雄大な山容だが、南東の長野県側には大きなカール(圏谷(けんこく))地形がみられる。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三俣蓮華岳
みつまたれんげだけ

富山、岐阜、長野三県の県境にある北アルプス中央部の山。標高2841メートル。この山を中心に山稜(さんりょう)は三つに分かれ、一つは北東の鷲羽(わしば)岳、野口五郎岳を経て後立山(うしろたてやま)連峰と連なり、北西は薬師岳を経て立山連峰へ、南は樅沢(もみさわ)岳から槍(やり)ヶ岳、穂高(ほたか)連峰へと連なる。この三つの稜線の間から黒部川と高瀬川と金木戸川が流出。古期花崗閃(かこうせん)岩で構成され、山頂は平坦(へいたん)で、北部の黒部川方面へ緩傾斜し、西方の金木戸川、東方の高瀬川へは急傾斜する。東斜面に三俣蓮華カールがあり北方の平坦面に三俣小屋がある。山名は大正時代に登山した大関久五郎の命名。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三俣蓮華岳の関連キーワード黒部五郎岳烏帽子岳立山連峰三俣山荘双六岳圏谷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三俣蓮華岳の関連情報