コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼻疽(馬鼻疽) びそばびそ Glanders

翻訳|Glanders

1件 の用語解説(鼻疽(馬鼻疽)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

びそばびそ【鼻疽(馬鼻疽) Glanders】

[どんな病気か]
 鼻疽菌という細菌の感染によっておこる病気で、本来は、ウマ、ロバ、ラバなどの病気ですが、人獣共通の伝染病で、人間にも感染します。北米、中欧、北アフリカなどにはかなりみられますが、日本では、まれな病気です。
 この病気にかかったウマなどの鼻汁(びじゅう)、唾液(だえき)、潰瘍(かいよう)の膿汁(のうじゅう)などが、人間の皮膚の小さな傷や粘膜(ねんまく)に付着して感染します。ウマを扱う人に多い、一種の職業病といえますが、病気のウマの肉を食べて経口感染(けいこうかんせん)することもあります。
[症状]
 感染して3~5日たつと、菌の侵入した皮膚や鼻の粘膜が赤く腫(は)れて痛み、化膿(かのう)して潰瘍になり、付近のリンパ節が腫れます。
 菌はさらに全身に広がり、あちこちの皮膚や粘膜に化膿性の小結節(しょうけっせつ)をつくり、内臓に転移して肺化膿症、肝腫(かんしゅ)、関節炎などをおこし、筋肉にも膿瘍(のうよう)ができ、高熱をだします。敗血症(はいけつしょう)になって生命にかかわることもあります。
 しかし、局所の症状だけのこともありますし、治ったようにみえて再発したり、数か月から年余にわたる慢性の経過をたどることもあります。
[治療]
 サルファ剤ストレプトマイシンペニシリンなどが有効です。皮膚の病変は外科的に切開し、洗浄(せんじょう)、消毒します。病気のウマは畜殺し、厩舎(きゅうしゃ)は消毒します。予防接種はありません。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

鼻疽(馬鼻疽)の関連キーワード細菌性赤痢馬鼻疽在郷軍人病何心地病は気からメタン菌好熱菌好気生物硫酸還元菌ブルセラ菌と鼻疽菌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone