コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

龍河洞 りゅうがどう

3件 の用語解説(龍河洞の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕龍河洞(りゅうがどう)


高知県香美(かみ)市土佐山田(とさやまだ)町、三宝(さんぽう)山中腹にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。主洞・支洞の総延長は4kmに及び、うち約2kmが観光コースとして開発された。国指定の史跡・天然記念物。無数の石筍(せきじゅん)・石柱・鍾乳石群が奇勝を展開し、豊富な伏流水が甌穴(おうけつ)群や飛瀑(ひばく)を形成。コウモリやエビ類など100種類以上の洞穴生物が生息する。洞内は弥生時代中期から後期の洞穴住居遺跡をなし、土器・獣骨・貝塚などが発見された。石灰華に包まれて残る水汲(みずく)み用の壷(つぼ)は「神の壷」として有名。旅館・土産物店が並び、洞口にある龍河洞博物館では実物の鍾乳石や遺跡の出土品を展示。南方の香南(こうなん)市野市(のいち)町まで有料道路の龍河洞スカイラインが通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

りゅうがどう【龍河洞】


高知県香美(かみ)市土佐山田町にある洞窟。この洞窟は、秋芳洞(山口県)・龍泉洞(岩手県)とともに日本三大鍾乳洞の一つに数えられ、1931年(昭和6)に発見され、1934年(昭和9年)に国の天然記念物および史跡に指定された。この洞窟は三宝山(さんぽうさん)の中腹にある延長4kmの鍾乳洞で、3つある洞窟のうち東本洞の約1kmが公開されている。山腹に入り口があり、出口は上方にある。洞窟内にはコウモリなどの洞窟動物が約100種生息。出口付近には古代人の穴居生活跡があり、石灰華に包まれて固着した土器は「神の壺」と呼ばれ、そのほか弥生土器、石器、炉跡などが見つかっている。洞名の起こりは承久の変後に、土佐に配流された土御門(つちみかど)上皇が入洞した時、錦の蛇が現れ、上皇を案内したとされ、天皇の乗り物「龍駕」が転じて「龍河」となったとの伝説がある。龍河洞博物館には出土遺物などを展示。JR土讃線土佐山田駅から土佐電鉄バス「龍河洞」下車、徒歩すぐ。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

龍河洞
りゅうがどう

高知県中東部、香美(かみ)市土佐山田町の三宝(さんぽう)山中腹にある鍾乳洞(しょうにゅうどう)。古くからその所在は知られていたが、昭和初期、本格的に探査され、1934年(昭和9)国の天然記念物および史跡に指定された。本洞、支洞の総延長は4キロメートルに及び、うち2キロメートルが観光コースとなっている。仏像構造線の北側に接する秩父(ちちぶ)帯南部の石灰岩脈中にあり、洞内は鍾乳石、石筍(せきじゅん)、石柱のほか、豊かな伏流水がつくる滝などがあり変化に富み、弥生(やよい)期住居跡の龍河洞遺跡も発見されている。一帯は龍河洞県立自然公園域。土佐山田駅からバスの便があり、龍河洞スカイラインも通じる。[大脇保彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

龍河洞の関連キーワード高知県香美市土佐山田町高知県香美市土佐山田町植高知県香美市土佐山田町上穴内高知県香美市土佐山田町上改田高知県香美市土佐山田町楠目高知県香美市土佐山田町新改高知県香美市土佐山田町須江高知県香美市土佐山田町間高知県香美市土佐山田町平山高知県香美市土佐山田町山田

龍河洞の関連情報