コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GPT(ALT) GPT(ALT)

生活習慣病用語辞典の解説

GPT(ALT)

Glutamic pyruvic transaminase (グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ) の略で、アミノ酸の合成に必要な酵素のこと。肝臓に多く含まれ、肝臓病 (急性・慢性肝炎・脂肪肝、アルコール性肝炎など) などが原因でこの数値が高くなります。QUPiO ではこの値が 6-30IU/l を正常値としています。なお、最近は「ALT (アラニン・アミノトランスフェラーゼ)」と呼ばれることが多くなっています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

GPT(ALT)の関連キーワードglutamic pyruvic transaminase原発性胆汁性肝硬変(PBC)原発性硬化性胆管炎(PSC)自己免疫性肝炎(AIH)がんの化学療法薬剤性肝障害肝細胞がん

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android