コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

GPT ジーピーティーGPT

百科事典マイペディアの解説

GPT【ジーピーティー】

グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼglutamic pyruvic transaminase)という酵素の略。肝細胞,心細胞中に多く存在し,心疾患,肝疾患によって血中に遊出するため,GPTの血中値はGOTの血中値とともに,これらの診断上重要になる。
→関連項目アルコール性肝障害γ-GTP

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジーピーティー【GPT】

グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼglutamic pyruvic transaminaseの略称。正式名はアラニンアミノトランスフェラーゼ。の反応を触媒する血清酵素。肝臓疾患があるときは血中濃度が増加するので,診断のために血清中の活性が検査される。肝機能検査【大久保 昭行】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

GPT

〖glutamic pyruvic transaminase〗
グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼの略称。肝細胞に特に多く含まれる酵素。血中の濃度の上昇は肝細胞の異常の指標になる。ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のGPTの言及

【肝機能検査】より

…胆汁中に分泌される胆汁酸およびコレステロールの血清中の濃度も上昇する。また胆汁流の障害に伴って,肝臓が障害されてアルカリホスファターゼ,γ‐グルタミルトランスペプチダーゼγ‐glutamyl transpeptidase(γ‐GTP),ロイシンアミノペプチダーゼ(LAP)など胆道系に存在している酵素と,肝細胞中のグルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼglutamic oxaloacetic transaminase(GOT)やグルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼglutamic pyruvic transaminase(GPT)などの酵素が血中に出てくるため,血清活性値が上昇する。しかも,これらの血清酵素活性値の変化には,障害の部位や性質に応じて特徴がみられるため,これらの検査は黄疸の鑑別診断に役立つ。…

【肝硬変】より

…このほか,生化学的検査や血液検査も行われる。生化学的検査では,血清アルブミン,コレステロール,コリンエステラーゼなどが著しく低下し,一方,γ‐グロブリン,膠質反応(ZTT,TTT)は中程度~高度に増加,上昇し,GOT,GPTは軽度の上昇にとどまるが,GOT/GPT比は1.0よりも大きくなる。血液検査では,血液凝固因子が著しく減少し,血小板も明らかに減少する。…

※「GPT」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

GPTの関連キーワード原発性胆汁性肝硬変(PBC)原発性硬化性胆管炎(PSC)特定健康診査特定保健指導自己免疫性肝炎(AIH)トランスアミナーゼ検査フロッピーインファントγ(ガンマ)妊娠中の健康管理がんの化学療法特定健康診査肝機能検査法薬剤性肝障害人間ドック藤井 康男肝細胞がん肝機能障害急性肝炎皮膚筋炎転移酵素慢性肝炎

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

GPTの関連情報