KDDI(読み)けいでぃーでぃーあい

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

KDDI

第一種電気通信事業者。1984年設立。携帯電話auや、インターネットサービスプロバイダーのDIONを運営し、電話、携帯電話、インターネットの連携によるさまざまなサービスを提供している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

KDDI

1985年、第二電電(DDI)が発足。2000年に国際電信電話(KDD)、日本移動通信(IDO)と合併しKDDI発足。移動体ブランド「au」が始まる。12年3月期の売上高は通信業界2位の3兆5720億円。社員数は約1万9千人。

(2012-10-18 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

KDDI

正式社名「KDDI株式会社」。英文社名「KDDI CORPORATION」。情報・通信業。昭和59年(1984)前身の「第二電電企画株式会社」設立。同60年(1985)「第二電電株式会社」に改称。平成12年(2000)「KDD株式会社」「日本移動通信株式会社」と合併し「株式会社ディーディーアイ」に改称。同13年(2001)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区飯田橋。総合通信会社。国内・国際通信サービスなどを提供。「au」ブランドの携帯電話サービスが主力。東京証券取引所第1部上場。証券コード9433。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

KDDIの関連情報