コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

KDDI けいでぃーでぃーあい

4件 の用語解説(KDDIの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

KDDI

第一種電気通信事業者。1984年設立。携帯電話のauや、インターネットサービスプロバイダーのDIONを運営し、電話、携帯電話、インターネットの連携によるさまざまなサービスを提供している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

KDDI

1985年、第二電電(DDI)が発足。2000年に国際電信電話(KDD)、日本移動通信(IDO)と合併しKDDI発足。移動体ブランド「au」が始まる。12年3月期の売上高は通信業界2位の3兆5720億円。社員数は約1万9千人。

(2012-10-18 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

KDDI

正式社名「KDDI株式会社」。英文社名「KDDI CORPORATION」。情報・通信業。昭和59年(1984)前身の「第二電電企画株式会社」設立。同60年(1985)「第二電電株式会社」に改称。平成12年(2000)「KDD株式会社」「日本移動通信株式会社」と合併し「株式会社ディーディーアイ」に改称。同13年(2001)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区飯田橋。総合通信会社。国内・国際通信サービスなどを提供。「au」ブランドの携帯電話サービスが主力。東京証券取引所第1部上場。証券コード9433。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

KDDI
ケーディーディーアイ

「ケイディディ第二電電」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

KDDIの関連キーワード兼松セキ神明AiHOケーエスケーしんわミゾタエトーマルホ東部瓦斯

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

KDDIの関連情報