コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

X線星 エックスセンセイ

デジタル大辞泉の解説

エックスせん‐せい【X線星】

X線天体

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

X線星【エックスせんせい】

銀河系内にある星状のX線源の通称。太陽の放射するエネルギーの1000倍を超えるエネルギーをX線として出しているものがあり,その多くは,中性子星,ブラックホール等の超高密度星恒星からなる近接連星と考えられている。
→関連項目X線中性子星電波星

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エックスせんせい【X線星 X‐ray star】

われわれの銀河系の中にある星状のX線源を通称としてX線星と呼んでいる。現在では,太陽の放射するエネルギーの1000倍以上のエネルギーをX線の形で放射する明るいX線星の多くは,恒星と中性子星,ブラックホールなど高密度星との近接連星と考えられている。恒星が若く重い星である場合には星から吹き出すプラズマの風,晩期型の矮星(わいせい)の場合にはロッシュの限界からあふれ出る物質が高密度星に落ちていく。その際に物質は角運動量をもっているので,いったん高密度星をまわるいわゆる降着円盤を形成して,その内側から徐々に星に落ちる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のX線星の言及

【銀河X線】より

…この銀河X線源は次のように分類されている。(1)X線星と呼ばれるわれわれの銀河系に属するX線天体,(2)超新星の残した星雲,(3)もっと近い,波長の長いX線を放射する星間空間の熱いプラズマ。なお,アインシュタイン衛星の観測によって,通常の星もそのほとんどは弱いが波長の長いX線を放射していることがわかっている。…

※「X線星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

X線星の関連キーワードオッペンハイマー(John Robert Oppenheimer)さそり座X‐1(蠍座X‐1)R. ジャコーニブラック・ホールX線バースタープラズマ物理学観測ロケット光の科学史小田 稔さそり座電波源超新星

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android