コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

γ(ガンマ)-GTP がんま-じーてぃーぴー

生活習慣病用語辞典の解説

γ(ガンマ)-GTP

肝胆系の病気の診断のための血液検査のこと。GOT・GPT と同じくたんぱく質を分解する酵素の 1 つです。γ-GTPは、アルコールや薬剤などが肝細胞を破壊したときや、結石・がんなどで胆管 (肝臓で作られた胆汁十二指腸まで流すための管のことです) が閉塞したときに血中に流出し、高い値になります。 特にアルコール性肝疾患の診断に用いられます。QUPiO では 47IU/l 未満を正常値としています。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

γ(ガンマ)-GTPの関連キーワード原発性硬化性胆管炎胆嚢炎/胆管炎特定健康診査超健康人

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android