コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

γ‐アミノ酪酸 ガンマアミノらくさん

百科事典マイペディアの解説

γ‐アミノ酪酸【ガンマアミノらくさん】

化学式はH2NCH2CH2CH2COOH。水に易溶の針状または小葉状の結晶。融点202℃。生体に存在するアミノ酸の一種。タンパク質を構成するアミノ酸ではないが,多くの動物体内で神経伝達物質として働く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガンマアミノらくさん【γ‐アミノ酪酸 γ‐aminobutyric acid】

分子式NH2CH2CH2CH2COOH。植物ではジャガイモの根茎,トマトの塊茎,マメ科植物の根粒などに,動物では脳に局在する非タンパク質性アミノ酸。略してGABAと呼ばれる。グルタミン酸のα‐カルボキシル基の酵素的脱炭酸により作られる。脳ではγ‐アミノ酪酸とα‐ケトグルタル酸がアミノ酸転移酵素によりコハク酸セミアルデヒドとグルタミン酸となり,クエン酸回路に入り代謝される(GABA回路)。このアミノ酸は,無脊椎,脊椎動物の神経系でともに抑制性神経伝達物質として作用している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のγ‐アミノ酪酸の言及

【筋弛緩薬】より

…適応症として,運動器疾患に伴う有痛性痙縮腰背痛症,変型性脊椎症,椎間板ヘルニア,脊椎分離・辷り症,脊椎骨粗鬆(そしよう)症などがある。 γ‐アミノ酪酸(GABA)は哺乳類の中枢神経系における伝達物質の一つである。脊髄においては,GABAはシナプス前抑制に関与する伝達物質と考えられている。…

※「γ‐アミノ酪酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

γ‐アミノ酪酸の関連キーワードフェニルピラゾール殺虫剤肝性脳症(肝性昏睡)デカルボキシラーゼマクロライド殺虫剤カルボキシル基ハンチントン病有機塩素殺虫剤γケトグルタル酸ペプチド結合グルタミン酸化学伝達物質γアミノ酪酸ジアゼパムプレティオ薬物受容体カルニチンシナプス転移酵素新形質米

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android