『雨月物語』(読み)ウゲツモノガタリ

とっさの日本語便利帳の解説

『雨月物語』

江戸中期の読本(よみほん)。上田秋成作。明和五(一七六八)年成稿安永五(一七七六)年四月刊とされる。中国白話小説、日本古典を翻案、改作した怪異幻想短編九編を収める。運命に翻弄される人間たちの悲劇的形姿を、情念豊かに美しく歌い上げる。自刃して幽霊となり友との約束を全うする信義と友情の物語「菊花の約(ちぎり)」などが有名。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android