コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) おたふくかぜりゅうこうせいじかせんえんEpidemic Parotitis

家庭医学館の解説

おたふくかぜりゅうこうせいじかせんえん【おたふくかぜ(流行性耳下腺炎) Epidemic Parotitis】

[どんな病気か]
 ムンプスウイルスの感染でおこる病気です。「お多福(たふく)」のような顔になるのでおたふくかぜともいいます。
●かかりやすい年齢
 母親からもらった免疫体(めんえきたい)があるので、乳児はこの病気にはかかりません。かかりやすいのは2~7歳の子どもです。人によっては、青年期になってからかかる人もいます。終生免疫(めんえき)ができるので、一度かかれば生涯かかることはありません。
●流行する季節
 ふつうは、冬から秋にかけて多発しますが、都会では1年中発生します。
[症状]
 20日前後の潜伏期を経て発病します。
 初めに熱が少し出て、頭が痛み、そのうちに片側または両側の耳たぶの下(耳下腺(じかせん))が腫(は)れてきます。片側だけが腫れた場合は、2~3日おくれて反対側が腫れてくることがあります。
 腫れるときに耳下腺が痛みます。腫れが最大になるのは3日目ごろで、腫れたところを押すと痛み、食べるために顎(あご)を動かしても痛みます。しかし、色が変わることはありません。
 発熱が40℃になることもありますが、腫れた耳下腺が熱をもつことはありません。
 その後、1週間くらいで腫れがひき熱が下がり、痛みも消えて治ります。
●合併症
 発病後1週間くらいで、ムンプス髄膜炎(ずいまくえん)や髄膜脳炎(ずいまくのうえん)を併発することがあります(約10%)。強い頭痛がして吐(は)き、重症になると意識混濁やけいれんがおこります。
[治療]
 このウイルスに有効な薬はなく、対症療法が中心です。
●家庭看護のポイント
 熱のある間は安静にし、高熱のときは頭を冷やします。腫れた耳下腺を冷湿布(れいしっぷ)し、口中の清潔のためにうがいをします。
 食事はかまなくていいようにやわらかいものにし、つばが出るときに痛むので、すっぱい食物は避けます。
 髄膜炎の疑いがあるときは、医師の指示にしたがうことがたいせつです。
[予防]
 感染を防ぐため、耳下腺の腫れが消失するまで、学校は休ませます。希望すれば予防接種を受けることができます(予防接種とはの「予防接種の種類」)。

出典 小学館家庭医学館について 情報

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の関連キーワード耳のしくみとはたらきおもな感染症と病原体睾丸炎(精巣炎)ムンプス難聴耳下腺炎不妊症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android