コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お国歌舞伎 おくにかぶき

百科事典マイペディアの解説

お国歌舞伎【おくにかぶき】

歌舞伎の一形態。1603年ごろ,出雲大社の巫女(みこ)お国と称する女が京都で演じた芸能をいう。男装の女による群舞・寸劇など,当時世間を横行していたかぶき者(体制からはずれた異端者たち)の風俗を取り入れた〈歌舞伎踊〉を演じて人気を集め,各地に同種の女歌舞伎を続出させた。
→関連項目出雲のお国名古屋山三

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おくにかぶき【お国歌舞伎】

出雲のお国の創始した芸能。1603年(慶長8),京都において出雲のお国と称する女性芸能者が,当時横行していたかぶき者と呼ばれる意気がった若者たちの,茶屋女に通う姿に男装して扮し,流行歌や踊をまじえて演じ,歌舞伎踊として人気を博した。これが歌舞伎という芸能の始まりとなる。流行の先端を行く衣装や黄金造りの太刀,黄金の十字架,水晶の数珠などを身につけたお国の華麗なかぶき姿は,当時の豪奢な好みを反映して,ただちにこれをまねる女芸人が続出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

お国歌舞伎の関連キーワード歌舞伎草子芝居絵恨の介天覧劇猿若

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android