コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がっくり ガックリ

デジタル大辞泉の解説

がっくり

[副](スル)
急に折れ曲がったり、くずおれたりするさま。「がっくり(と)首を垂れる」「がっくり(と)ひざをつく」
一時に疲れが出たり、気落ちしたりして、元気がめっきりなくなるさま。「自信作が選外となってがっくりくる」「妻に先立たれてがっくり(と)する」
落ち込みや差の開きが大きいさま。「客足ががっくり(と)減る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がっくり

( 副 ) スル
力が抜けて、急に折れ曲がったりするさま。 「 -(と)膝をつく」 「 -(と)肩を落とす」
首が折れたように、いきなり傾くさま。息を引き取るさまにもいう。 「薄寒さうに、-と頷くと見ると/婦系図 鏡花
張り詰めていた気持ちが一時にゆるむさま。落胆するさま。 「大敗に-する」 「ショックで-きた」
前後の差が激しいさま。 「客足は-(と)減った」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

がっくりの関連キーワードうなぎのたいこ合当理・合足膝が抜ける肩を落とすがっかり打ち屈すがくりorz糠喜び客足選外

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がっくりの関連情報