コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がね ガネ

デジタル大辞泉の解説

がね[接助・終助・接尾]

[接助]《上代語》動詞の連体形に付く。願望・命令・意志などの表現を受けて、目的・理由を表す。…するように。…するために。→がに
「ますらをは名をし立つべし後の世に聞き継ぐ人も語り継ぐ―」〈・四一六五〉
[終助]《上代語》動詞の連体形に付く。推量・期待・許容などの意を表す。…だろう。…してほしい。…でもかまわない。
「雪寒み咲きには咲かず梅の花よしこのころはかくてもある―」〈・二三二九〉
[接尾]《助詞「がね」からの転用》名詞に付いて、「…の候補者」「…の材料」などの意を表す。
「幸ひ人の腹の后―こそ、又追ひすがひぬれ」〈・少女〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がね

( 終助 )
〔上代語〕
文末にあって、動詞の連体形に接続する。意志や命令などを表す前段を受けて、その意志や命令などの理由・目的を明らかにする意を表す。…であるから。…するために。…するように。 「梅の花われは散らさじあをによし平城ならなる人も来つつ見る-/万葉集 1906」 「大夫は名をし立つべし後の代に聞きつぐ人も語りつぐ-/万葉集 4165」 〔本来は名詞だったものともいわれる〕

がね

( 接尾 )
名詞に付いて、…するためのもの、…の料の意を表す。中古には、候補者の意に用いる。 「高行くや速総別はやぶさわけの御襲みおすい-/古事記 」 「この婿-によみて/伊勢 10

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

がねの関連キーワード差し金(建築・木工)切り金・切金ちゃんぎり臍繰り金スチール仕切り金目腐れ金火打ち鎌腰元金長根町当り鉦伏せ鉦連体形万葉集火口金八丁鉦受け壺雁食い切り鏨時の鐘

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がねの関連情報