コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きっかり キッカリ

デジタル大辞泉の解説

きっかり

[副]
時間・数量などが正確で過不足のないさま。かっきり。ちょうど。「きっかり約束の時間に来る」「五キロきっかりの荷物」
きわだって、はっきりしているさま。くっきり。
「―と日蔭を限って解け残った霜が白く見えて居た」〈長塚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっかり

( 副 )
(「と」や「に」を伴うこともある)
数量などに端数のないさま。ちょうど。きっちり。 「 -千円です」 「八時-に始める」
際立って、目立つさま。くっきり。 「輪郭が-と浮かび上がる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

きっかりの関連キーワードフランス哲学ちょっきりフラットきっちりかっきりジャスト過不足好い事輪郭端数丁度閏秒

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きっかりの関連情報