きっかり(読み)キッカリ

デジタル大辞泉の解説

きっかり

[副]
時間・数量などが正確で過不足のないさま。かっきり。ちょうど。「きっかり約束の時間に来る」「五キロきっかりの荷物」
きわだって、はっきりしているさま。くっきり。
「―と日蔭を限って解け残った霜が白く見えて居た」〈長塚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっかり

( 副 )
(「と」や「に」を伴うこともある)
数量などに端数のないさま。ちょうど。きっちり。 「 -千円です」 「八時-に始める」
際立って、目立つさま。くっきり。 「輪郭が-と浮かび上がる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きっかり

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① きわだって、はっきりした様子を表わす語。くっきり。
※俳諧・誹諧独吟集(1666)上「十五夜の月にはさはる雲もなし きっかりきかりわたるかりがね〈貞徳〉」
※当世商人気質(1886)〈饗庭篁村〉五「詞(ことば)つきもキッカリして」
② 数量、時間などが正確な様子を表わす語。名詞的にも用いる。ちょうど。ぴったり。きっちり
※貧しき人々の群(1916)〈宮本百合子〉一二「泣いても笑っても、もう追っつかないので、何もその日にきっかり出来ずとも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きっかりの関連情報