コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けいせい色三味線 けいせいいろじゃみせん

2件 の用語解説(けいせい色三味線の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

けいせい色三味線【けいせいいろじゃみせん】

江戸中期の浮世草子江島其磧作。1701年刊。5巻5冊。京の巻5話,大坂の巻6話,江戸の巻5話,鄙(ひな)の巻4話,湊(みなと)の巻4話の各巻よりなる。各巻初めに遊女の名寄せがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいいろじゃみせん【けいせい色三味線】

浮世草子。江島其磧(きせき)作。1701年(元禄14)刊。5巻。舞台を遊里に設定した短編集。5巻を京,江戸,大坂,鄙(ひな),湊(みなと)に分け,各巻頭に遊女名寄(なよせ)を付け,整然とした構成をとり,本文24章の虚構に現実感を付与する。本文は井原西鶴の模倣・剽窃(ひようせつ)が多いが,複雑な筋を理詰めに,しかも平明な文章で展開し,西鶴と異なった効果を出し,西鶴以後の浮世草子界を新方向に導く端緒を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

けいせい色三味線の関連キーワード傾城色三味線傾城禁短気好色本西沢一風八文字屋自笑八文字屋本気質物傾城歌三味線豆右衛門八文字屋自笑(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone