けいせい色三味線(読み)けいせいいろじゃみせん

百科事典マイペディアの解説

けいせい色三味線【けいせいいろじゃみせん】

江戸中期の浮世草子江島其磧作。1701年刊。5巻5冊。京の巻5話,大坂の巻6話,江戸の巻5話,鄙(ひな)の巻4話,湊(みなと)の巻4話の各巻よりなる。各巻初めに遊女の名寄せがある。役者評判記役者口三味線》の趣向をとるが,話は西鶴物の焼直しが多い。八文字屋本浮世草子の嚆矢(こうし)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいせいいろじゃみせん【けいせい色三味線】

浮世草子。江島其磧(きせき)作。1701年(元禄14)刊。5巻。舞台を遊里に設定した短編集。5巻を京,江戸,大坂,鄙(ひな),湊(みなと)に分け,各巻頭に遊女名寄(なよせ)を付け,整然とした構成をとり,本文24章の虚構に現実感を付与する。本文は井原西鶴の模倣・剽窃(ひようせつ)が多いが,複雑な筋を理詰めに,しかも平明な文章で展開し,西鶴と異なった効果を出し,西鶴以後の浮世草子界を新方向に導く端緒を作った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android