コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細見 さいけん

5件 の用語解説(細見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細見
さいけん

江戸時代から明治初期まで発行されていた評判記の一種。遊里の案内書,地図などをいう。揚屋 (あげや) ,茶屋,遊女の名および位付け,揚代などを詳細に記している。吉原 (よしわら) のものが最も多く,細見といえば吉原細見をさすようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さい‐けん【細見】

[名](スル)
詳しく見ること。「資料を細見する」
詳しく示した地図・案内書など。「五街道細見
江戸時代から明治にかけて刊行された江戸吉原の遊里案内書。遊女・遊女屋・揚屋などが記載されている。吉原細見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいけん【細見】

江戸時代から明治期まで発行された遊郭の案内書。略地図,家並図,妓楼(ぎろう)名,遊女名,遊女の階級合印(あいじるし),揚代(あげだい),芸者名,年中紋日(もんび)などを記す。遊郭の手引書としては遊女評判記の出版が先行しているが,1642年(寛永19)刊の《あづま物語》は案内書的性格が強いので細見の起りとされる。その後,遊女評判記から遊女の品評文を除き,家並図に妓名を入れた地理的案内書として独立したものが細見として定着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいけん【細見】

( 名 ) スル
詳しく見ること。 「立ち寄ってとくと見よ、-せよ/浄瑠璃・唐船噺」
詳しく見せるために作った地図・案内記など。
江戸吉原よしわらの遊女屋・遊女名・玉代ぎよくだいなどを事細かに記した案内書。吉原細見。 「 -はよつぽど先へ遣つて買い/柳多留 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細見
さいけん

江戸~明治時代に出版された遊廓(ゆうかく)案内書。遊廓内の家並みを図示し、各妓楼(ぎろう)ごとの抱え女の妓名・階級、遊興費用や男女芸者名などを掲載してある。遊廓案内書としては、遊女の容色・技芸・特徴などを品評した遊女評判記が先行したが、そのなかに挿入された地理案内が独立したものである。初めは一枚摺(ずり)であったが、享保(きょうほう)(1716~36)ごろから冊子型となった。江戸・新吉原のものが細見の代表で、享保末年から明治初年までほぼ毎年1回以上刊行され、火事で仮宅(かりたく)営業のときには仮宅細見を出すほどであった。細見とは細部を描いた地図のことで、街道案内で知られる『五海道中細見記』(1858)のように用いる。[原島陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細見の関連キーワード地方紙緞帳芝居船師撞木町新吉原銭札草紙店出口図合船浜御殿

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

細見の関連情報