細見(読み)さいけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細見
さいけん

江戸時代から明治初期まで発行されていた評判記の一種。遊里の案内書,地図などをいう。揚屋 (あげや) ,茶屋,遊女の名および位付け,揚代などを詳細に記している。吉原 (よしわら) のものが最も多く,細見といえば吉原細見をさすようになった。遊女の紋を集めた紋尽しや遊女の名寄せの類を起りとし,寛永 19 (1642) 年刊『あづま物語』あたりを嚆矢とする。正徳3 (1713) 年刊『吉原大評判ゑにし染』などの頃から横本の細見の型ができ,安永 (72~81) 頃から竪本となり,以後明治初年にいたるまで継続。書名も竪本になると『吉原細見』とのみ記され,蜀山人,山東京伝らの文人,戯作者らが序文を書いて人気を呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐けん【細見】

[名](スル)
詳しく見ること。「資料を細見する」
詳しく示した地図・案内書など。「五街道細見
江戸時代から明治にかけて刊行された江戸吉原の遊里案内書。遊女・遊女屋・揚屋などが記載されている。吉原細見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいけん【細見】

江戸時代から明治期まで発行された遊郭の案内書。略地図,家並図,妓楼(ぎろう)名,遊女名,遊女の階級合印(あいじるし),揚代(あげだい),芸者名,年中紋日(もんび)などを記す。遊郭の手引書としては遊女評判記の出版が先行しているが,1642年(寛永19)刊の《あづま物語》は案内書的性格が強いので細見の起りとされる。その後,遊女評判記から遊女の品評文を除き,家並図に妓名を入れた地理的案内書として独立したものが細見として定着した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さいけん【細見】

( 名 ) スル
詳しく見ること。 「立ち寄ってとくと見よ、-せよ/浄瑠璃・唐船噺」
詳しく見せるために作った地図・案内記など。
江戸吉原よしわらの遊女屋・遊女名・玉代ぎよくだいなどを事細かに記した案内書。吉原細見。 「 -はよつぽど先へ遣つて買い/柳多留 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細見
さいけん

江戸~明治時代に出版された遊廓(ゆうかく)案内書。遊廓内の家並みを図示し、各妓楼(ぎろう)ごとの抱え女の妓名・階級、遊興費用や男女芸者名などを掲載してある。遊廓案内書としては、遊女の容色・技芸・特徴などを品評した遊女評判記が先行したが、そのなかに挿入された地理案内が独立したものである。初めは一枚摺(ずり)であったが、享保(きょうほう)(1716~36)ごろから冊子型となった。江戸・新吉原のものが細見の代表で、享保末年から明治初年までほぼ毎年1回以上刊行され、火事で仮宅(かりたく)営業のときには仮宅細見を出すほどであった。細見とは細部を描いた地図のことで、街道案内で知られる『五海道中細見記』(1858)のように用いる。[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細見の関連情報