コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こぐま座 こぐまざ Ursa Minor

翻訳|Ursa Minor

2件 の用語解説(こぐま座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こぐま座
こぐまざ
Ursa Minor

小熊座。概略位置は赤経 15時 40分,赤緯 78°。周極の星座。7月の宵に南中する。小さなひしゃくとも呼ばれる。α星 (ポラリス ) は北極星である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こぐま座
こぐまざ / 小熊座

真北に輝いている北極星を含む星座。7個の星が北斗七星を小さくしたような形をしており、北斗七星の大柄杓(おおびしゃく)に対し小柄杓とよばれることもある。一年中いつでも見ることができるが、宵の見ごろといえば春のころとなる。α(アルファ)星である北極星の見える高さは、その土地の緯度に等しくなっている。たとえば北緯35度の場所なら、真北の35度の高さのところに輝いて見える。ギリシア神話では、大神ゼウスとニンフ(妖精)カリストの間に生まれた猟師アルカスの変身した姿だとされている。ゼウスの妻へラの怒りをかい大熊にされたカリストを、アルカスが射殺そうとし、この2人の運命を哀れんだゼウスにより、アルカスも星空にあげられ小熊にされたという。
 日本では北極星のことを北の星という意味で、「子(ね)の星」「北辰(ほくしん)」「妙見(みょうけん)」「北極さま」などとよび、江戸時代の『物類称呼』には「北極はうごかぬ星」と記されている。ところが、日周運動で写真に写して観察してみると、天の北極の周りを小さな円を描いて写ることがわかる。これは北極星が現在1度弱ほど天の北極からずれているためである。[藤井 旭]
『藤井旭著『春の星座』(1989・金の星社) ▽瀬川昌男著『春の星と星座』(1997・小峰書店) ▽えびなみつる著『はじめての星座案内――見ながら楽しむ星空の物語』(2001・誠文堂新光社) ▽林完次写真・文『星をさがす本』(2002・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こぐま座の関連キーワードコップ座コンパス座がか座(画架座)けんびきょう座(顕微鏡座)こじし座(小獅子座)とびうお座(飛魚座)はい座(蠅座)ふうちょう座(風鳥座)や座(矢座)ろ座(炉座)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

こぐま座の関連情報