コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こぐま座 こぐまざUrsa Minor

翻訳|Ursa Minor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

こぐま座
こぐまざ
Ursa Minor

小熊座。概略位置は赤経 15時 40分,赤緯 78°。周極の星座。7月の宵に南中する。小さなひしゃくとも呼ばれる。α星 (ポラリス ) は北極星である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

こぐま座
こぐまざ / 小熊座

真北に輝いている北極を含む星座。7個の星が北斗七星を小さくしたような形をしており、北斗七星の大柄杓(おおびしゃく)に対し小柄杓とよばれることもある。一年中いつでも見ることができるが、宵の見ごろといえば春のころとなる。α(アルファ)星である北極星の見える高さは、その土地の緯度に等しくなっている。たとえば北緯35度の場所なら、真北の35度の高さのところに輝いて見える。ギリシア神話では、大神ゼウスとニンフ(妖精)カリストの間に生まれた猟師アルカスの変身した姿だとされている。ゼウスの妻へラの怒りをかい大熊にされたカリストを、アルカスが射殺そうとし、この2人の運命を哀れんだゼウスにより、アルカスも星空にあげられ小熊にされたという。
 日本では北極星のことを北の星という意味で、「子(ね)の星」「北辰(ほくしん)」「妙見(みょうけん)」「北極さま」などとよび、江戸時代の『物類称呼』には「北極はうごかぬ星」と記されている。ところが、日周運動で写真に写して観察してみると、天の北極の周りを小さな円を描いて写ることがわかる。これは北極星が現在1度弱ほど天の北極からずれているためである。[藤井 旭]
『藤井旭著『春の星座』(1989・金の星社) ▽瀬川昌男著『春の星と星座』(1997・小峰書店) ▽えびなみつる著『はじめての星座案内――見ながら楽しむ星空の物語』(2001・誠文堂新光社) ▽林完次写真・文『星をさがす本』(2002・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

こぐま座の関連キーワードりゅう座(竜座)りゅう(竜)座こぐま座流星群半規則的変光星トレミー星座ギリシア神話カリストりゅう座蟹の目星遣らい星一つ星小熊座子の星二つ星心星妙見北辰周髀竜座

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android