ごねる

大辞林 第三版の解説

ごねる

( 動下一 )
不平・不満・要求をくどくどと言いたてる。 「立ち退きの補償金をめぐって、-・ねる」
死ぬ。くたばる。 「こいつ-・ねたか/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」 〔は、「ごてる」との混同により生じたもの。 は「ごねはん(御涅槃)」の「ごね」を動詞化したものという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ご・ねる

[動ナ下一]
《「こねる」と「ごてる」と混交から》いろいろ不平を言う。くどくどと文句をつける。ごてる。「待遇が悪いと―・ねる」
《「御涅槃(ごねはん)」の動詞化か》死ぬ。くたばる。
「こいつ―・ねたか」〈浄・盛衰記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ご・ねる

〘自ナ下一〙
① 死ぬ。死去する。くたばる。
浄瑠璃平仮名盛衰記(1739)二「こいつごねたか。しゃちばりかへって木ほぜの様な小世忰と、挑灯(てうちん)取寄せとっくと見」
② 不平を言う。文句をならべたてる。すねる。また、相手の要請などに対し、なかなか承服しないであれこれ注文を出してねばる。
※祇王村(1942)〈田口竹男〉中「いまな、ゴネてる最中なんや。あんたのお母(か)はんちうたら、どだいもう無茶ばっかし云ははるんで」
[補注]①のでは、専ら江戸時代用例が集中し、現代語では②の意で用いられる。これは「ごてる」との混同によるものと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごねるの関連情報