ああ言えばこう言う(読み)ああいえばこういう

ことわざを知る辞典の解説

ああ言えばこう言う

他人の意見忠告に対して、何やかや理屈を言って従わないさま。

[使用例] 「君は、こんな男に惚れているのか」「今まで、そのように見えませんでした?」「停年間際の男に、物好きにもほどがある」「あたしって、物好きな女なのよ」「うるさいな、ああいえばこういう」「そして、こういえばああいう、でしょう?」[源氏鶏太停年退職|1963]

[解説] 意見するからのことばで、簡潔な表現の裏には、なかなか説得できず、さじを投げたい気分やいらだちが込められています。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ああ言(い)えばこう言(い)う

人が意見や忠告などを言っても、いろいろ理由や理屈を言って従わない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ああ 言(い)えばこう言(い)

いろいろと理屈を並べて、人の意見に素直に従おうとしないさまをいう。どう言えばこう言う。
※人情本・春色雪の梅(1838‐42頃か)初「ああ云(イ)へばかう云(イ)ふと言ってぢれったいねえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android