コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さまよえるオランダ人 さまよえるオランダじん Flying Dutchman; Der fliegende Hollander

6件 の用語解説(さまよえるオランダ人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さまよえるオランダ人
さまよえるオランダじん
Flying Dutchman; Der fliegende Hollander

北欧伝説の幽霊船,またはそのオランダ人船長。嵐のとき喜望峰の沖に現れて,船乗りに災いをもたらすと信じられた。最も一般的な言い伝えによれば,船長ファンデルデッケンが嵐のなかで涜神的な誓言を吐いたため,その船は世の終りまで岬のまわりをさまようとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さまよえるオランダじん〔さまよへる‐ジン〕【さまよえるオランダ人】

《原題、〈ドイツDer fliegende Holländerワグナー作曲のオペラ。全3幕。作曲者自身の台本は、のろわれて七つの海をさまよいつづけるオランダ人をめぐる北欧伝説に基づく。1843年、ドレスデンで初演。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

さまよえるオランダ人【さまよえるオランダじん】

ワーグナーの3幕のオペラ。1841年完成。作曲者自身の指揮により1843年ドレスデン宮廷歌劇場(現ドレスデン国立歌劇場)で初演。神との約束を破ったため永久に港に入れなくなったオランダ人の船が喜望峰のあたり(北海とも)を漂流しているという船乗りの伝説にもとづくが,ノルウェーの船乗りの娘ゼンタによる贖罪(しょくざい)を結末とした点で,後のワーグナーの主題を予感させる。
→関連項目船幽霊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

さまよえるオランダ人

ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーのドイツ語による全3幕のオペラ(1843)。原題《Der fliegende Holländer》。神に受けた罰によって永遠に海をさまよい続けるオランダ人船長の伝説に着想を得た作品。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さまよえるオランダじん【さまよえるオランダ人】

ワグナー作曲のオペラ。三幕。1843年初演。ハイネの著作と中世ドイツの幽霊船伝説に基づきワグナー自身が台本を執筆。女性の純愛による魂の救済という理念が打ち出されている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

さまよえるオランダ人
さまよえるおらんだじん
Der Fliegende Hollnder

ワーグナー作曲のオペラ。北欧の幽霊船伝説に基づく自作の台本による。1843年ドレスデン初演。三幕物であるが、今日では当初の構想どおり、休憩なしの一幕形態で上演されることが多い。後の楽劇とは異なり当時の慣習に従ってアリア、重唱、合唱などが分離・独立した「番号付きオペラ」の形式をとっているが、レチタティーボ風の旋律構成や示導動機の活用など、彼独自の作風もすでに明確な形で現れている。また、神を畏(おそ)れぬことばを吐いたために永遠に海の上をさまよう運命となったオランダ人が、一女性ゼンタの犠牲的な死によって救済されるという筋書きも、『タンホイザー』など以下の作品と共通するワーグナーの根本思想を反映したものである。その意味でも、この作品を彼の創作活動の実質的な出発点とみることができよう。なおドレスデン初演は不評であったが、しだいにドラマの内面性が理解され、19世紀末までに上演回数は200を超えた。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さまよえるオランダ人の関連キーワードタンホイザーエルナーニ婚礼の合唱冬のオペラ夕星の歌ヴォツェックワグナーの生涯ワーグナー音楽祭リスト:リゴレット(演奏会用パラフレーズ)(ヴェルディ)/piano soloモットル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

さまよえるオランダ人の関連情報