すぶた

精選版 日本国語大辞典「すぶた」の解説

すぶた

〘名〙 トチカガミ科一年草。本州以西の水田、池沼に生える。葉は短い茎の下部から群がって生え、長さ一〇~二〇センチメートルの線形で、縁に鋭く細鋸歯(きょし)があり、淡紫褐色を帯びる。夏から秋にかけて長さ三~四センチメートルの花柄をのばし、水面に白い線形の三弁花を開く。子房の上部は長くのびる。種子の両端には長いとげがある。〔物品識名拾遺(1825)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「すぶた」の解説

すぶた

トチカガミ科の一年草。水田などに生える。葉は細長く密に生し、水中でなびく。夏から秋、水面に白い3弁花を開く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android