コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せん光電球(閃光電球) せんこうでんきゅう photoflash lamp

翻訳|photoflash lamp

1件 の用語解説(せん光電球(閃光電球)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんこうでんきゅう【せん光電球(閃光電球) photoflash lamp】

写真の分野では,フラッシュバルブflash bulbともいう。ガラス球内にアルミニウム,またはジルコニウムの細線と燃焼用酸素ガスを封入し,その通電によって,写真の被写体を照明するために,短時間に限って大きな光出力を発する電球である。ガラス球の外周には,ガラス破片の飛散防止と色温度補正のためのプラスチック皮膜が施されている。色温度はアルミニウム細線封入が3800K,ジルコニウム細線封入が約4000~4400K,カラー用はガラス球外面に青色の塗膜をつけ色温度が5500Kである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

せん光電球(閃光電球)の関連キーワード閃光電球フラッシュガンフラッシュバックフラッシュバルブフラッシュドアフラッシュパスフラッシュバック現象フレッシュバターマルチフラッシュメッシュバッグ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone