コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャッター シャッター shutter

翻訳|shutter

8件 の用語解説(シャッターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャッター
シャッター
shutter

光学器械に使われる光路開閉装置。カメラに組み込まれ,写真フィルムへの入射光路を開閉して必要な時間だけ露光(→露出)を行なう装置が,最も身近に利用されている例である。カメラシャッターには,レンズの前に装着するローラブラインドシャッター,レンズの中に組み込まれているレンズシャッター,レンズのすぐ後ろに取り付けてあるビハインドシャッター,フィルムの直前に取り付けてあるフォーカルプレーンシャッターなど,さまざまなタイプがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シャッター(shutter)

防犯・防火などのため窓や入り口に取り付ける金属製の巻き上げ式の扉。よろい戸。「シャッターを下ろす」
カメラで、撮影するときにだけ開き、必要な露光量をフィルムに与える装置。デジタルカメラでは、フィルムの代わりにCCDなどのイメージセンサーに受光させる装置。「シャッターを切る」
映画撮影機・映写機のレンズの先にあって、回転するフィルムを一こまずつ感光・映写させる遮光装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シャッター

フィルムへの露光時間を調節するための光路開閉装置。レンズ周辺に置かれたレンズシャッターと,フィルムの直前に置かれたフォーカルプレーンシャッターがある。フォーカルプレーンシャッターには,シャッター膜が横に移動する横走りと,数枚の羽根状のプレートが縦に連動して動くユニット式の縦走りとがある。
→関連項目カメラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

リフォーム用語集の解説

シャッター

鎧戸(よろいど)ともいい、何枚もの金属の板をすだれのようにつなぎあわせた建具の事。主に店舗や倉庫に使用され、外部と出入りできないよう防犯の役目となる。その他に、火災時の延焼を防ぐ役目や、防煙の役目もする。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

シャッター

 フィルムに光を当てる時間を制御し、撮影時以外はレンズからの光を遮断する機構のこと。35mm一眼レフの場合、2枚のシャッター幕が縦または横に走るフォーカルプレーン方式が主流。フィルム一眼レフカメラなら、裏蓋を開けたときにファインダー下あたりに見える四角い部分がシャッター幕。 → 高速シャッター低速シャッター / レンズシャッター

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シャッター【shutter】

フィルムなどの感光材料に光を当てるために一定時間だけ開くカメラの露光装置。金属の羽根が開閉するレンズ-シャッターや、すき間のある幕が上下または左右に走るフォーカルプレーン-シャッターなどがある。 「 -を切る」
薄い小幅の金属製の板を簾すだれ状につないで、巻きこめるようにした戸。防火・防犯などの目的で出入り口や窓に設ける。よろい戸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

シャッター【shutter】

防犯・防火などのために窓や出入り口に取り付ける、巻き上げ式の金属製のよろい戸

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャッター
しゃったー
shutter

防火や防盗の目的で建物の出入口や窓などに取り付けられる鋼製の巻上げ戸で、成形されたスラットslat(細長い鉄板)をよろい戸状につづってつくられている。一般的に重量シャッターと軽量シャッターに大別され、ビルなどに使用する大型のものを重量シャッターとよんでいるが、これをJIS(ジス)(日本工業規格)では防炎シャッターの名称でよんでいる。一方、法規上では板厚が1.5ミリメートル以上のものを甲種防火戸、0.8~1.5ミリメートル未満のものが乙種防火戸として認められている。階段回りや吹抜けなどの竪穴(たてあな)区画には重量シャッターに遮煙を施した防煙シャッターが使用され、火災時にヒューズの溶解や煙感知器などと連動して自動降下する。開閉には電動と手動の方式がある。防火目的以外の製品では、商店・ガレージ・雨戸などに使用される軽量シャッターのほか、格子状のパイプシャッター、ケース内に巻き込まず天井面に格納するオーバーヘッドドアがある。[吉田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシャッターの言及

【カメラ】より

…このころから野外で使用するフィールドカメラと室内専用のスタジオカメラの区別が生ずる。70年代以降乾板の発明,その高感度化に伴い,穴をあけた木や金属板を落下,あるいはばねなどで作動させるギロチンシャッターや,後述のフォーカルプレーンシャッター,レンズシャッターといった基本的なシャッター方式がすべて開発された。88年,G.イーストマンは紙をベースにしたロールフィルムを用いるボックスカメラ,コダックを発売,ロールフィルムが本格化するとともに,1912年,イーストマン・コダック社(略称コダック社)から発売されたベスト・ポケット・コダック(日本では単レンズ付きのものがいわゆる〈ベス単〉の愛称で親しまれた)は大量生産された最初のカメラで,世界的ベストセラーとなった。…

※「シャッター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャッターの関連キーワードぷっと

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャッターの関連情報