コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラーフィルム colour film

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラーフィルム
colour film

カラー写真を撮影,製作するフィルムで,現在普及している発色現像による多層式カラーフィルムは,1935年イーストマンコダック社が発表したコダクローム・フィルムから始る。撮影用カラーフィルムはベースの最下層から上方にハレーション防止,赤感性シアン発色乳剤,緑感性マゼンタ発色乳剤,黄色フィルタ,青感性黄色発色乳剤,保護膜などの層が重ねて塗布されており,多いものでは 15層にもなっている。全層の厚さは,黒白フィルムと大差のない 13~25μmで,各乳剤の塗布に,厚さ5%の誤差があっても色調のバランスはくずれる。発色現像で,銀画像とともに被写体に対応する色素画像をつくり,続く漂白,定着によって銀画像は除かれる。カラーリバーサルフィルムカラーネガフィルムがあり,前者は透明陽画用で,撮影光に適するデーライトタイプ,タングステンタイプ,また発色剤 (カプラー) を乳剤中に入れる内式と,現像液中に添加する外式がある。カラーネガカラー印画紙と同じくすべて内式である。フィルムサイズは黒白フィルムと同様の各種がある。撮影用カラーフィルム以外に,プリント用のカラーポジフィルムもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カラー‐フィルム(color film)

被写体の色彩を再現できる写真用フィルム。青緑・緑・赤の3色に発色する3層の感光乳剤が塗布してあり、その合成で天然に近い色感を出す方式が普通。そのままの色に写るカラーリバーサルフィルムと、補色に写るカラーネガフィルムとがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

カラーフィルム

被写体の明暗を再現するモノクロフィルムに対して,明暗だけでなく色彩も再現するフィルム。カラーネガフィルム,カラーリバーサルフィルムなどがあり,撮影時の光源の違いに対応して,デーライトタイプ,タングステンタイプがある。
→関連項目カラー印画紙カラー写真

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラーフィルム【color film】

被写体の色と明暗の調子を記録する感光フィルムで,ふつう発色現像方式による多層構成の減色法カラーフィルムが用いられている。カラーフィルムには,ネガ像が得られるカラーネガフィルムと,直接ポジ像が得られるカラー反転フィルムとがある。カラーネガフィルムでは,被写体と明暗が逆で補色となっている色彩像が得られるので,これをカラーペーパーあるいはカラーポジフィルム(主として映画用)に焼付け反転して,被写体と同じ色で同じ明暗の調子をもつポジ像を再現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カラーフィルム【color film】

自然の色彩を写すことのできる写真用のフィルム。三層の感光層があり、一度に露光して発色させる。陽画の得られるリバーサル-フィルムと陰画用のネガ-フィルムがある。
天然色映画。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラーフィルム
からーふぃるむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカラーフィルムの言及

【カラー映画】より


[初期のカラー映画]
 スクリーンに〈色〉や〈音〉を加えたいというのは,映画が生まれて以来の人々の願望であり,はやくからそのための努力と試みが繰り返された。カラー映画color filmと呼ばれるものには,技術的に大別すれば,白黒の画面に着色した〈彩色映画〉と,写真技術によって被写体そのままの色を再現した〈天然色映画〉がある。〈彩色映画〉には,染料でポジティブの一部分あるいは全体を染色tintingする方法と,ポジティブの画像を調色toningする方法がある。…

※「カラーフィルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラーフィルムの関連キーワードcolour reversal filmフライング・スポット・スキャナ管colour scannerインスタントフォトグラフィーアグファ・ゲバルト[会社]富士写真フイルム[株]ドナータ ヴェンダースリフレクターランプ富士フイルム(株)デイライトタイプソラリゼーションUVフィルター赤外カラー写真戦略爆撃調査団富士フイルム赤外線写真バイパック漂白定着液ポラカラー反転現像

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラーフィルムの関連情報