そうめん(素麺)(読み)そうめん

百科事典マイペディアの解説

そうめん(素麺)【そうめん】

ごく細く作った麺類の一種。奈良時代に中国から伝わったといわれる。小麦粉を水と少量の塩でこねて細切りにし,さらに綿実油またはゴマ油をつけながら手でひきのばし(手延べ),乾燥する。近年は機械で作られるものが多い。熱湯でゆで冷水にさらし,つけ汁で食べたり(冷やそうめん),煮込んで食べ,吸物の実にもする。奈良県の三輪そうめん,兵庫県の播州(ばんしゅう)そうめん,愛媛県の五色そうめんなどが有名。
→関連項目うどん(饂飩)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android