ぞっき本(読み)ぞっきぼん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ぞっき本
ぞっきぼん

特価本のこと。「ぞっき」の語源は「まとめて」という意味の商売人の隠語だという。出版社が金融のために「まとめて」処分した特価本は,定価の 20~30%という割引価格で小売店に流れる。小売店はそれを定価の 60~70%の価格で売る。ぞっき本を専門に扱う本屋を「ぞっき屋」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぞっきぼん【ぞっき本】

新本だが正規の定価よりも安く売られる特価本の異称で,見切本,数物(かずもの),擦れ本(すれぼん)などとも呼ばれる。ぞっき本という異称が生まれたのは,一説にはぞっき本を扱う〈ぞっき屋〉が元は〈そぎや〉と呼ばれていたためであるという。〈そぎや〉とは皮などをはいで仕分ける〈殺屋〉あるいは〈削屋〉の意で,このことから見切品の値をそいで仕入れるという意味が生じ,ぞっき本という言葉が生まれた。また別の説では,〈ぞっき〉は〈すべて〉という意味があり,残り本すべてがそっくり処分されるという意味から生じた呼称であるともいわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぞっきぼん【ぞっき本】

見切り品として、定価を度外視して安価で取引される本や雑誌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぞっき本
ぞっきぼん

特価書籍の俗称。ほかに見切本、数物(かずもの)などともいう。江戸時代の地本問屋の流れをくむというが、1902年(明治35)ごろより見切本専門の卸商が発生し、書店のほか、露店、荒物店、乗り物内などで売られた。品目としては、大衆読物、絵本、実用辞典、暦、月遅れ雑誌などがあり、最初から特価を前提につくられたものを「つくり本」という。「ぞっき」の語源は「殺(そ)ぐ」からとか「そっくり」からとかいわれるが、定説はない。[紀田順一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞっき‐ぼん【ぞっき本】

〘名〙 ぞっき屋の手を通して、特別安値で投げ売りされる新本。特価本。
伊藤整氏の生活と意見(1951‐52)〈伊藤整〉九「小山の本は近いうちゾッキ本になって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android