コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞっき本 ぞっきぼん

5件 の用語解説(ぞっき本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ぞっき本
ぞっきぼん

特価本のこと。「ぞっき」の語源は「まとめて」という意味の商売人の隠語だという。出版社が金融のために「まとめて」処分した特価本は,定価の 20~30%という割引価格で小売店に流れる。小売店はそれを定価の 60~70%の価格で売る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぞっき‐ぼん【ぞっき本】

定価を度外視した安値で投げ売りにされる出版物。見切り本。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぞっきぼん【ぞっき本】

新本だが正規の定価よりも安く売られる特価本の異称で,見切本,数物(かずもの),擦れ本(すれぼん)などとも呼ばれるぞっき本という異称が生まれたのは,一説にはぞっき本を扱う〈ぞっき屋〉が元は〈そぎや〉と呼ばれていたためであるという。〈そぎや〉とは皮などをはいで仕分ける〈殺屋〉あるいは〈削屋〉の意で,このことから見切品の値をそいで仕入れるという意味が生じ,ぞっき本という言葉が生まれた。また別の説では,〈ぞっき〉は〈すべて〉という意味があり,残り本すべてがそっくり処分されるという意味から生じた呼称であるともいわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぞっきぼん【ぞっき本】

見切り品として、定価を度外視して安価で取引される本や雑誌。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぞっき本
ぞっきぼん

特価書籍の俗称。ほかに見切本、数物(かずもの)などともいう。江戸時代の地本問屋の流れをくむというが、1902年(明治35)ごろより見切本専門の卸商が発生し、書店のほか、露店、荒物店、乗り物内などで売られた。品目としては、大衆読物、絵本、実用辞典、暦、月遅れ雑誌などがあり、最初から特価を前提につくられたものを「つくり本」という。「ぞっき」の語源は「殺(そ)ぐ」からとか「そっくり」からとかいわれるが、定説はない。[紀田順一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞっき本の関連キーワード正規軍値引き薬九層倍特価元値が切れる横流れ指値ばった物本が切れるY2運賃

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone