だんご(団子)(読み)だんご

世界大百科事典 第2版の解説

だんご【だんご(団子)】

穀粉を水でこねて小さくまるめ,ゆでたり蒸したりしたもの。(あん)やきな粉をまぶしたり,しょうゆ味のたれの付け焼きにしてたべる。だんごの来歴には諸説があって明らかでない。ただし,平安時代に行われていた唐菓子一種団喜(だんき)というのがあり,日本最古の料理書とされる《厨事類記(ちゆうじるいき)》を見ると,団喜は今のだんごとよく似たものだったようである。また,《拾芥抄(しゆうがいしよう)》には〈団子(だんす)〉というのが八種唐菓子の中に名を連ねている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android