コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

だんご(団子) だんご

世界大百科事典 第2版の解説

だんご【だんご(団子)】

穀粉を水でこねて小さくまるめ,ゆでたり蒸したりしたもの。餡(あん)やきな粉をまぶしたり,しょうゆ味のたれの付け焼きにしてたべる。だんごの来歴には諸説があって明らかでない。ただし,平安時代に行われていた唐菓子の一種に団喜(だんき)というのがあり,日本最古の料理書とされる《厨事類記(ちゆうじるいき)》を見ると,団喜は今のだんごとよく似たものだったようである。また,《拾芥抄(しゆうがいしよう)》には〈団子(だんす)〉というのが八種唐菓子の中に名を連ねている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

だんご(団子)の関連キーワード穀粉

だんご(団子)の関連情報