コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんぷ

百科事典マイペディアの解説

てんぷ

携帯時計,家庭用の時計に用いられたてんぷ式機械時計の調速機。てんぷの語源は不明。軸にひげぜんまい(渦巻状の細いばね)を固定した,断面が長方形の金属製円輪で,ひげぜんまいの弾力により回転振動する。
→関連項目機械時計時計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぷ【balance】

時計の運行速度を制御する部分。玩具のこまのような形状で,軸にひげぜんまい(渦巻状の細いばね)が取りけられていて,その弾力とてんぷ輪の慣性とにより一定の周期で往復回転運動をし,この一定周期の運動が時を刻むのに利用される。軸の両端はよく研磨され,腕時計や懐中時計ではルビー製の軸受(宝石軸受)で保持され,給油により摩擦が最小になるようにしてある。てんぷは脱進機から間欠的な力を受けてその振動を持続する。水晶時計が出現するまでは,機械時計および電子時計の制御機構として,掛時計振子とともにもっとも多く用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のてんぷの言及

【てんびん(天秤)】より

…質量の精密測定に用いるはかり。基本的には中央に下向きの刃を固定し刃受けで支え支点とし,支点から左右等距離の両端に上向きの刃を固定し,力点,重点とする第1次てこ(さお)の力点と重点に刃受けを介して皿をつるした手動てんびんと,さおの重点に皿と秤量(測定できる最大量)に相当する内蔵分銅を掛けた状態でつり合うカウンターウェイトを力点に固定した直示てんびんとに大別される。 手動てんびんはさおのつり合いを度表と呼ばれる目盛板で測定することから度表てんびんとも呼ばれ,その構造は図1に示す化学の分野で使用する化学てんびんに代表される。…

【時計】より

… バージ脱進機は17世紀半ばの時計技術革新時代が到来するまで,約400年にわたる長い年月にわたって時計の唯一の抑制機構として生き続ける。この脱進機の構造は簡単で,のこぎりのような歯をもつ冠車(かんむりぐるま)と,その歯に交互にかみ合う2枚の角板のついた軸および軸の上端に取り付けられて往復回転運動をする棒てんぷとである。のちに,棒てんぷに代わって円形のはずみ車であるてん輪やひげぜんまいが,重錘の代りにぜんまいが使われるようになって,提げ時計の時代にもまだ生き残るのである。…

※「てんぷ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

てんぷの関連キーワード貼付剤(ちょうふざい)民撰議院設立建白書クロノメータータイムスイッチ慣性モーメントパッチテスト新宿つな八基本的人権電気時計電池時計掛け時計ギヨームアンクル合せ醤油アンバー檀君神話超不変鋼天南蛮天綴じ革命権

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てんぷの関連情報