コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どちりな・きりしたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

どちりな・きりしたん

安土桃山時代のキリスト教教理書。『どちりいな・きりしたん』『公教要理』ともいう。書名ポルトガル語で「キリスト教の教義」の意。当時の信徒になるための必読書であり,キリシタン版刊行書中最も広く読まれた。文禄1 (1592) 年刊天草版慶長5 (1600) 年刊長崎版とのローマ字本2部 (重文) ,刊年未詳版と慶長5年刊長崎版との国字本2部,計4種が現存。ほぼ 11ヵ条から成り,初心の信者のために,師弟の問答に擬して教理の概略を平易に説く。文章語で書かれてはいるが,卑近な語を用いた俗文であるため,国語学の資料でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

どちりな・きりしたん

キリシタン版のひとつ。イエズス会による近世初期のカトリック教理本、“Doctrina Christã”の日本語版。1600年に長崎で発行。ローマ字版もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

どちりな・きりしたんの関連キーワードコンチリサンキリシタン書キリシタン物安土桃山時代オンターデコンヒサンパーテルヒーデス橋本進吉後藤宗印不如意御大切気逆ひ内証偸盗因みしね

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android