コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のっぺらぼう ノッペラボウ

デジタル大辞泉の解説

のっぺら‐ぼう

[名・形動]《「のっぺらぽう」とも》
一面に平らで凹凸がないこと。なんの変化もないこと。また、そのさま。「のっぺらぼうな(の)顔」「のっぺらぼうでだだっぴろい土地」
顔に目・鼻・口のない化け物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のっぺらぼう

( 名 ・形動 )
〔「のっぺらぽう」とも〕
凹凸もなく一面に平らな・こと(さま)。のっぺら。 「 -な顔」
何の変化もないこと。何の反応もないこと。 「 -に講義を聴いて-に卒業し去る公等/三四郎 漱石
目も鼻も口もない化け物。ぬっぺらぼう。ずんべらぼう。 〔歴史的仮名遣いは「のっぺらばう」か「のっぺらぼう」か不明〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のっぺらぼうの関連キーワードマーク コスタビぬっぺっぽうぬっぺらぼうずんべらぼうぬっぺらぼんずべら坊仮名遣い凹凸ぺら一面

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のっぺらぼうの関連情報