のっぺらぼう(読み)ノッペラボウ

デジタル大辞泉の解説

のっぺら‐ぼう

[名・形動]《「のっぺらぽう」とも》
一面に平らで凹凸がないこと。なんの変化もないこと。また、そのさま。「のっぺらぼうな(の)顔」「のっぺらぼうでだだっぴろい土地」
顔に目・鼻・口のない化け物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のっぺらぼう

( 名 ・形動 )
〔「のっぺらぽう」とも〕
凹凸もなく一面に平らな・こと(さま)。のっぺら。 「 -な顔」
何の変化もないこと。何の反応もないこと。 「 -に講義を聴いて-に卒業し去る公等/三四郎 漱石
目も鼻も口もない化け物。ぬっぺらぼう。ずんべらぼう。 〔歴史的仮名遣いは「のっぺらばう」か「のっぺらぼう」か不明〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のっぺらぼうの関連情報