コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

またたび

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

またたび

山地に自生する落葉低。夏に白い花を咲かせ、実は黄色に熟する。実は2・5~4センチ。中風リウマチ神経痛に効果があるとされる。好物として知られ、名の由来は「旅に疲れた人が食べると元気を回復し、また旅(マタタビ)を続けたから」という説もある。網走市は「フルーツまたたび」と命名友好都市沖縄県糸満市の特産果実にちなみ「北のパッションフルーツ」として売り込んでいる。

(2009-03-02 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

またたびの関連キーワード秋田県北秋田市阿仁比立内ニャン太のおねだりパレスチナ自治選挙新潟県中越地震一本刀土俵入アルメリア沓掛時次郎江戸家猫八東海林太郎友竹 正則藤田まさと国定忠次小田富弥島田正吾笹沢左保猫の時間子母沢寛長谷川伸怪しぶバーズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

またたびの関連情報