めらめら

精選版 日本国語大辞典「めらめら」の解説

めら‐めら

〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
を上げてたやすく燃えたり光って揺れたりするさまを表わす語。
※竹取(9C末‐10C初)「やかせ給ふに、めらめらとやけぬ」
※俳諧・文化句帖‐二年(1805)一〇月「冬枯にめらめら消るわら火哉」
② 布などの破れる音を表わす語。びりびり。
※名語記(1275)六「衣裳などのやるるめらめら、如何。ムケラカの反」
③ 軽いものなどが抵抗なくなめらかに移動するさまを表わす語。
綿(1931)〈須井一〉一「綿のはローラアに食(は)み出されて手前落ち、綿だけが道具の向ふへめらめらと抜け出て溜った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「めらめら」の解説

めら‐めら

[副]炎を立てて勢いよく燃え広がるさま。「めらめら(と)燃える」「嫉妬の炎をめらめら(と)燃やす」
[類語]炎炎ぼうぼうかっかかっとかんかんぼっとぱっとぽっぽぱちぱち猛火烈火炎上大火火の海丸焼け全焼火だるま燃え盛る燃え広がる燃え上がる燃え立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android