コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やかん(薬缶) やかん

世界大百科事典 第2版の解説

やかん【やかん(薬缶)】

湯わかし具の一種。土瓶(どびん),鉄瓶と同じように注口(つぎぐち)と鉉(つる)をもった容器で,特に銅,黄銅アルマイトなどで作ったものをいい,湯のわきが早いことを特徴とする。〈薬缶〉の文字がはじめて文献に見えるのは1444年(文安1)の《下学集》で,〈やかん〉の語はこの薬缶の字音で,江戸時代には湯缶とも呼ばれていた。やかんはその名の示すように,もと薬を煎(せん)じる道具であったが,薬を煮るために別な薬鍋(くすりなべ)が用いられるようになって,江戸時代にはやかんはもっぱら湯茶をわかすものとなったといわれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

やかん(薬缶)の関連キーワード薬缶・薬鑵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android