ろは(読み)ロハ

デジタル大辞泉の解説

ろ‐は

《「只(ただ)」の字が片仮名のロとハを続けた形であるとこから》代金や料金などが要らないこと。ただ。無料。「ろはで映画を見る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろは

〔「只ただ」の字を片仮名の二字(ロハ)に分けた語。普通、片仮名で「ロハ」と書かれることが多い〕
ただ。無料。 「 -で電車に乗る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ろはの関連情報