わくわく

精選版 日本国語大辞典「わくわく」の解説

わく‐わく

〙 (「と」を伴って用いることもある) 喜び、期待または心配などによって、が落ち着かないで騒ぐさまを表わす
浄瑠璃・釈迦如来誕生会(1714)五「心わくわくせきかくる跋提河にぞ着き給ふ」
※洒落本・契情買虎之巻(1778)五「あんまりのうれしさに、気がわくわくしてあゆみにくい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「わくわく」の解説

わく‐わく

[副](スル)期待や喜びなどで、心が落ち着かず胸が騒ぐさま。どきどき。「胸をわくわく(と)させて包みを解く」
[補説]古くは、心配で胸が騒ぐさまにも用いた。
[類語]興奮熱狂熱中高揚感奮激発激昂げきこう逆上上気エキサイトフィーバー(―する)高ぶるのぼせる激するかっとなるいきり立つはやり立つぞくぞくするどきどきする浮き浮きするいそいそするのぼせ上がる血迷う血走る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android