いそいそ

精選版 日本国語大辞典の解説

いそ‐いそ

〘副〙 (「と」を伴う場合が多い)
① 心が進み、勇むさま。
※念仏行者訓条(1212頃)「人の心ざまは、いたく目もなれ耳もなれぬれば、いそいそとすすむ心もなく」
※浄瑠璃・栬狩剣本地(1714)一「少いそいそ遊ばせ」
② 心づかいのゆきとどいているさま。
※洒落本・交代盤栄記(1754)「松風〈略〉心ばへいそいそとして一座に興あり」
③ 嬉しさに心をはずませて動作をするさま。
※人情本・花筐(1841)初「母子はいそいそ酒盛の、道具をとり出すその折から」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いそ‐いそ

[副](スル)心が浮き立ち、喜び勇むさま。うれしいことなどがあって、動作がはずむさま。「いそいそ(と)出かける」「朝からいそいそ(と)している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android