上気(読み)ジョウキ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐き〔ジヤウ‐〕【上気】

[名](スル)
顔に血が上ってのぼせること。のぼせて顔を赤くすること。「熱気で上気した顔」
頭に血が上って興奮し、自分を見失うこと。逆上すること。
「―の沙汰ならば容赦もせん」〈樗牛滝口入道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうき【上気】

( 名 ) スル
のぼせること。のぼせて顔が赤くなること。 「湯上がりの-した顔」
逆上すること。 「花車はくわつと-して/浮世草子・禁短気」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ‐け【上気】

〘名〙 (形動) 上品な様子。上品なさま。
浮世草子・傾城歌三味線(1732)二「流石は都程ありて万花車(きゃしゃ)に、御上気(おカミケ)なる𡜆(よね)の仕出しゆたかに」

じょう‐き ジャウ‥【上気】

〘名〙
① 頭に血がのぼってぼうっとすること。のぼせること。逆上
医心方(984)二五「変者上気、蒸者体熱、変蒸有軽重
徒然草(1331頃)一四八「四十以後の人身に灸(きう)を加へて三里を焼かざれば、上気の事あり」
② 精神状態が尋常でなくなること。

のぼり‐き【上気】

〘名〙 気持がのぼせること。夢中になり冷静な判断を失うこと。じょうき
※浄瑠璃・傾城島原蛙合戦(1719)二「のぼり気に成て富樫の左衛門、座敷にとほんと待間」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上気の言及

【のぼせ】より

…〈のぼせ〉は,脳血流が増加して上気することをはじめ,精神的に興奮して前後のわきまえを失うこと,夢中になることなど,種々の精神的・身体的現象を含んでいる。また,その感じ方や理解については,各人によっても差がある。…

※「上気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上気の関連情報