ぞくぞく

精選版 日本国語大辞典「ぞくぞく」の解説

ぞく‐ぞく

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 嬉しさに心が浮きたつさまを表わす語。うきうき。
狂歌・古今夷曲集(1666)七「堅紅粉(かたべに)のこいと仰の文みればぞくぞくしてぞ嬉しかりける」
浄瑠璃・源平布引滝(1749)五「いで打立んと御悦び。兼任ぞくぞく小踊し」
② 極度の緊張・感情のたかぶりなどで、身のふるえをおぼえるさまを表わす語。
※浮世草子・色の染衣(1687)二「いかな御僧もふどしのうごくやうなぞくぞくするはなしなれど」
③ 恐ろしさに身の毛がよだつさま、また、気味悪かったり、不快だったりして、背筋がぞっとするさまを表わす語。
※浄瑠璃・孕常盤(1710頃)四「お姫様も我々も鏡で見たは仕合、直に見たらば今比は気付が入るで有うと、ぞくぞくすれば」
④ 寒くて身のふるえるさま、病気などで悪寒の走るさまを表わす語。
※仮名草子・片仮名本因果物語(1661)下「此又八郎土山へ行、酒に酔て皈(かえ)るに、路にて粟々(ゾクゾク)として煩付、気違の様に為」
⑤ 物を刻み切る音、また、そのさまを表わす語。ぞきぞき。
真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉一二「着物の上からゾクゾク肋へかけて切り込みましたから、お園は七転八倒の苦しみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぞくぞく」の解説

ぞく‐ぞく

[副](スル)
寒けがするさま。「風邪でぞくぞく(と)する」
感情の高ぶりや緊張、また、恐怖などのために身震いするさま。「試合を前にぞくぞく(と)する」
[類語]浮き浮きわくわくいそいそ興奮熱狂熱中高揚感奮激発激昂げきこう逆上上気エキサイトフィーバー(―する)高ぶるのぼせる激するかっとなるいきり立つはやり立つどきどきするのぼせ上がる血迷う血走る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android