コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイスキャンデー アイスキャンデー

大辞林 第三版の解説

アイスキャンデー

ice+candy〕
水または果汁に甘味料・香料などを加え、細い棒を軸にして凍らせた棒状の氷菓子。キャンデー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイスキャンデー

氷菓子の一種。果実のジュースあるいはその代用の香料,着色料を加えた水を棒状に凍結させたもの。1919,20年ころ売り出されたときは紙に包んであったという。その後,割りばしを使って持手をつけるようになった。ことに第2次大戦後の菓子の乏しい時代にもてはやされ,自転車に箱を積んで商うアイスキャンデー売は夏の風物詩だった。アイスキャンデーの名は昭和初年につくられた和製英語で,成分上は英語のwater iceにあたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイスキャンデー
あいすきゃんでー

氷菓の一種で、甘味料、香料、着色料、さらに牛乳、果汁などを加えた水溶液を棒状に凍らせたもの。通常、中心に木のスティックが入り、これを持って食べる。この形は日本独特のもので、1935年(昭和10)ごろ九州で初めてつくられ、このときの商品名が一般名になったという。氷菓に分類され、市販品には食品衛生法による細菌数および取扱いなどの規制があり、製造販売は許可を必要とする。また、乳製品のアイスクリーム類を棒状に固めたアイススティック、アイスバーなどの商品も、広い意味ではこのなかに入る。英語でアイスロリーice lolly、アメリカやカナダでは一般にポプシクルPopsicle(商標)とよぶ。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アイスキャンデーの関連キーワード古城戸雄多河野友美電線着雪駄菓子氷菓子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイスキャンデーの関連情報