コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイゼンハワー Eisenhower, Dwight David

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイゼンハワー
Eisenhower, Dwight David

[生]1890.10.14. テキサス,デニソン
[没]1969.3.28. ワシントンD.C.
アメリカの軍人,政治家。第 34代大統領 (在任 1953~61) 。 1915年ウェストポイント陸軍士官学校卒業。 26年陸軍幕僚学校を首席で卒業。 33~35年 D.マッカーサーのもとで参謀本部に勤務。 41年 12月日本の真珠湾攻撃後,陸軍参謀本部作戦計画部副部長となり,ヨーロッパ進攻計画の作成に従事。次いでヨーロッパ戦線におけるアメリカ軍司令官としてノルマンディー進攻 (→オーバーロード作戦 ) を指揮するなど,連合国勝利のために活躍,44年元帥に昇進。 48年軍務から退き,コロンビア大学総長に就任。 50年 12月 H.トルーマン大統領により北大西洋条約機構 NATO軍最高司令官に任命された。共和党から大統領に立候補し,53年1月大統領に就任。 56年再選。その間,朝鮮戦争休戦,国際原子力機関の創設,ソ連の N.フルシチョフ首相との会談などで平和共存への努力を重ねた。しかし他方,アイゼンハワー・ドクトリンの声明などにみられるように,ソ連に対抗する強い姿勢もみせた。著書『ヨーロッパ十字軍』 Crusade in Europe (1948) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アイゼンハワー

米国の軍人政治家。第34代大統領(在職1953年―1961年)。1942年以降ヨーロッパ派遣米軍司令官,連合国軍最高司令官等を歴任,1945年陸軍参謀総長,1948年一時退役してコロンビア大学総長,1950年―1952年NATO軍最高司令官。
→関連項目安保闘争共和党ジョン・バーチ・ソサエティダレスニクソンノルマンディー上陸作戦リッジウェーロストー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイゼンハワー【Dwight David Eisenhower】

1890‐1969
アメリカ合衆国の軍人,政治家。第34代大統領。在職1953‐61年。テキサス州出身で1915年陸軍士官学校を卒業,陸軍に入る。41年に准将。アメリカの第2次世界大戦参戦後はヨーロッパ侵攻作戦の立案にあたり,42‐43年ヨーロッパ派遣アメリカ軍司令官として北アフリカイタリア進撃。44年6月には連合国軍最高司令官としてノルマンディー上陸作戦を指揮,以後ドイツに対する反攻を続けて連合国を勝利に導いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アイゼンハワー【Dwight David Eisenhower】

1890~1969) アメリカの政治家・軍人。第三四代大統領(在任1953~1961)。第二次大戦中、連合軍総司令官としてノルマンディー上陸作戦を指揮。戦後、大統領として共産圏への巻き返しをはかる一方、朝鮮戦争・インドシナ戦争を解決。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイゼンハワー
あいぜんはわー
Dwight David Eisenhower
(1890―1969)

アメリカ陸軍元帥で第二次世界大戦の英雄、第34代大統領。10月14日テキサスの農家に7人兄弟の三男として生まれる。弟ミルトンはのちジョンズ・ホプキンズ大学学長。信仰深い両親のもとカンザス州アビリーンで育ち、1915年陸軍士官学校(ウェストポイント)を卒業。陸軍大学を経て、おもに陸軍省で補給兵站(へいたん)の立案に従事し、1932年陸軍参謀総長マッカーサーの副官となる。1935年からフィリピン軍事顧問となったマッカーサーのもとで、1939年まで現地軍の育成にあたった。第二次世界大戦で北アフリカ方面軍司令官として勲功をたて、1943年暮れヨーロッパ連合国軍総司令官に任命される。混成軍をよくまとめ1944年6月ノルマンディー上陸作戦を指揮、フランスを解放しドイツの無条件降伏をもたらした。1944年12月元帥に昇進、1945年11月陸軍参謀総長となったが、1948年に退役、コロンビア大学学長に就任。1950年北大西洋軍最高司令官となったが、1952年の大統領選挙に共和党国際派から推されたため辞任、保守派のタフトを破って共和党候補となり、本選挙では前イリノイ州知事スティーブンソンを大差で破った。
 赤ん坊のような笑顔に示される持ち前の人柄で、戦後もっとも人気のある大統領の一人といわれる。内政をアダムス補佐官、外交をダレス国務長官に多く任せ、ニクソン副大統領を重用して「素人(しろうと)大統領」の超然としたポーズで慎重な施政を行った。第1期は経済の好況に支えられ、外交面ではスターリン死後のハンガリー暴動に手出しせず、インドシナ戦争で苦戦するフランス軍への援助を拒否、スエズ戦争では英仏の出兵に反対するなど、低姿勢を取り続けた。心臓病で倒れたのち1956年に大差で再選されたが経済の停滞、人種問題の爆発、さらに当時のソ連に人工衛星打上げで先を越され、U2型機事件によるパリ首脳会談の流産、1960年安保闘争による日本訪問中止などのトラブルにみまわれた。1961年1月「軍産複合体」の危険を警告する退任演説のあとケネディに後を譲った。1969年3月28日死去。[袖井林二郎]
『仲晃・佐々木謙一訳『アイゼンハワー回顧録』2巻(1965、1968・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アイゼンハワーの関連キーワードスティーブンソン(Adlai Ewing Stevenson)ブラッドリー(Omar Nelson Bradley)ダレス(Allen Welsh Dulles)アトムズ・フォー・ピース(原子力の平和利用)ヘンリー・カボット(Jr.) ロッジアドレー・E. スティーブンソンロバート・ダニエル マーフィーウィルトン・B. パーソンズクラレンス・D. ディロン岸=アイゼンハワー共同声明ジェームズ・M. ギャビンミルトン アイゼンハワーアトムスフォーピースロバート ランシングキャンプ・デービッドハリーSトルーマンL. レムニツァー原子力の平和利用アイゼンハウワーバミューダ会談

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイゼンハワーの関連情報