コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイゼンハワー アイゼンハワー Eisenhower, Dwight David

5件 の用語解説(アイゼンハワーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイゼンハワー
アイゼンハワー
Eisenhower, Dwight David

[生]1890.10.14. テキサスデニソン
[没]1969.3.28. ワシントンD.C.
アメリカの軍人,政治家。第 34代大統領 (在任 1953~61) 。 1915年ウェストポイント陸軍士官学校卒業。 26年陸軍幕僚学校を首席で卒業。 33~35年 D.マッカーサーのもとで参謀本部に勤務。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アイゼンハワー

米国の軍人,政治家。第34代大統領(在職1953年―1961年)。1942年以降ヨーロッパ派遣米軍司令官,連合国軍最高司令官等を歴任,1945年陸軍参謀総長,1948年一時退役してコロンビア大学総長,1950年―1952年NATO軍最高司令官。(1890-1969)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アイゼンハワー【Dwight David Eisenhower】

1890‐1969
アメリカ合衆国の軍人,政治家。第34代大統領。在職1953‐61年。テキサス州出身で1915年陸軍士官学校を卒業,陸軍に入る。41年に准将。アメリカの第2次世界大戦参戦後はヨーロッパ侵攻作戦の立案にあたり,42‐43年ヨーロッパ派遣アメリカ軍司令官として北アフリカイタリアに進撃。44年6月には連合国軍最高司令官としてノルマンディー上陸作戦を指揮,以後ドイツに対する反攻を続けて連合国を勝利に導いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

アイゼンハワー【Dwight David Eisenhower】

1890~1969) アメリカの政治家・軍人。第三四代大統領(在任1953~1961)。第二次大戦中,連合軍総司令官としてノルマンディー上陸作戦を指揮。戦後,大統領として共産圏への巻き返しをはかる一方,朝鮮戦争・インドシナ戦争を解決。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイゼンハワー
あいぜんはわー
Dwight David Eisenhower
(1890―1969)

アメリカ陸軍元帥で第二次世界大戦の英雄、第34代大統領。10月14日テキサスの農家に7人兄弟の三男として生まれる。ミルトンはのちジョンズ・ホプキンズ大学学長。信仰深い両親のもとカンザス州アビリーンで育ち、1915年陸軍士官学校(ウェストポイント)を卒業。陸軍大学を経て、おもに陸軍省で補給兵站(へいたん)の立案に従事し、1932年陸軍参謀総長マッカーサーの副官となる。1935年からフィリピン軍事顧問となったマッカーサーのもとで、1939年まで現地軍の育成にあたった。第二次世界大戦で北アフリカ方面軍司令官として勲功をたて、1943年暮れヨーロッパ連合国軍総司令官に任命される。混成軍をよくまとめ1944年6月ノルマンディー上陸作戦を指揮、フランスを解放しドイツの無条件降伏をもたらした。1944年12月元帥に昇進、1945年11月陸軍参謀総長となったが、1948年に退役、コロンビア大学学長に就任。1950年北大西洋軍最高司令官となったが、1952年の大統領選挙に共和党国際派から推されたため辞任、保守派のタフトを破って共和党候補となり、本選挙では前イリノイ州知事スティーブンソンを大差で破った。
 赤ん坊のような笑顔に示される持ち前の人柄で、戦後もっとも人気のある大統領の一人といわれる。内政をアダムス補佐官、外交をダレス国務長官に多く任せ、ニクソン副大統領を重用して「素人(しろうと)大統領」の超然としたポーズで慎重な施政を行った。第1期は経済の好況に支えられ、外交面ではスターリン死後のハンガリー暴動に手出しせず、インドシナ戦争で苦戦するフランス軍への援助を拒否、スエズ戦争では英仏の出兵に反対するなど、低姿勢を取り続けた。心臓病で倒れたのち1956年に大差で再選されたが経済の停滞、人種問題の爆発、さらに当時のソ連に人工衛星打上げで先を越され、U2型機事件によるパリ首脳会談の流産、1960年安保闘争による日本訪問中止などのトラブルにみまわれた。1961年1月「軍産複合体」の危険を警告する退任演説のあとケネディに後を譲った。1969年3月28日死去。[袖井林二郎]
『仲晃・佐々木謙一訳『アイゼンハワー回顧録』2巻(1965、1968・みすず書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アイゼンハワーの関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国米軍アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アイゼンハワーの関連情報