アイヒマン(英語表記)Eichmann, Karl Adolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイヒマン
Eichmann, Karl Adolf

[生]1906.3.19. ゾーリンゲン
[没]1962.5.31. イスラエル,テルアビブヤフォ
ナチスの幹部。ユダヤ人集団殺害 (→ホロコースト ) の責任者の一人。 1932年ナチス党員となり,のちに親衛隊の幹部に昇進。 1942年以降はアドルフ・ヒトラーのユダヤ人撲滅作戦の責任者の一人。第2次世界大戦後,アメリカ軍に逮捕されたが,1946年脱走。 1958年逃亡の末,アルゼンチンに落ち着いた。 1960年5月 11日イスラエルの特務機関により逮捕され,イスラエルに連行。 1961年 12月絞首刑の判決を受け,1962年5月最高裁判所への上告は却下,刑が執行された。罪状は,ユダヤ人に対する罪,人道に対する罪,戦争に対する罪であった。一方,アイヒマンは,自分は祖国の法と旗,戦争の法則に従っただけであることを理由に最後まで無罪を主張した。アルゼンチン政府は,イスラエル政府がアルゼンチン国内で行なった不法行為について,厳重な抗議を行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アイヒマン

ナチス・ドイツの親衛隊将校。1932年ナチス入党,第2次大戦中に保安本部秘密国家警察局でユダヤ人絶滅計画の実行責任者となる。戦後アルゼンチンに潜伏したが,1960年イスラエル特務機関に発見され,エルサレムでの裁判により,数百万人に及ぶユダヤ人虐殺の罪で絞首刑。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイヒマン【Karl Adolf Eichmann】

1906‐62
ナチス・ドイツ(第三帝国)において〈ユダヤ人問題〉解決の実行責任者となった親衛隊将校。1932年,オーストリア・ナチ党入党,ユダヤ人問題科学博物館長を経て,帝国保安本部秘密国家警察局でユダヤ人強制移住問題を担当,やがてワンゼー会議Wannseekonferenz(1942年1月)にも出席し,いわゆるユダヤ人問題の〈最終的解決〉(絶滅プラン)にも関係する。第2次大戦後アルゼンチンに潜伏しているのをイスラエル特務機関によって発見され,エルサレムでの裁判の結果,絞首刑。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アイヒマン【Karl Adolf Eichmann】

1906~1962) ドイツのナチス親衛隊中佐。第二次大戦中のユダヤ人虐殺の責任者として逃亡先のアルゼンチンでイスラエル秘密警察に逮捕された。エルサレムで裁判が行われ、死刑。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイヒマンの関連情報