コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオアシシギ アオアシシギ Tringa nebularia; common greenshank

3件 の用語解説(アオアシシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオアシシギ
アオアシシギ
Tringa nebularia; common greenshank

チドリ目シギ科。全長 31~37cm。上面と背面は灰褐色,腰部は白く,尾羽は白地に灰褐色の横縞がある。下面は白い。はやや上方にそり,長い脚は灰緑色。繁殖期には背面が暗褐色になり,頸から側腹にかけて褐色の縦斑が現れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アオアシシギ【greenshank】

少し上に反った長いくちばしをもった脚の長い中型のチドリ目シギ科の鳥。脚が青緑色なのでこの名がある。ユーラシア大陸の北部で広く繁殖し,冬はアフリカアジア南部で越冬する。日本には旅鳥として,春と秋に渡来し,海岸や河口の干潟,入江,海岸近くの水辺やハス田などにすむ。全長約35cm。体は細く,くびも脚も長くて,スマート体つきをしている。体の上面は灰褐色で,腰と尾は白い。体の下面は白くて,胸には不明りょうな黒斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオアシシギ
あおあししぎ / 青足鷸
greenshank
[学]Tringa nebularia

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの北部で繁殖し、冬は南へ移動する。日本には旅鳥として春と秋に渡来する。全長約25センチメートル、翼長約19センチメートル。体の上面は灰褐色で上尾筒と尾は白く、体の下面は白くて胸に褐色の斑(はん)がある。嘴(くちばし)はやや長くてすこし上に反り、足は長くて青緑色。海岸や河口の干潟や入り江、水田やハス田にすみ、動物質の餌(えさ)をとる。チョーチョーと鳴く。カラフトアオアシシギT. guttiferは樺太(からふと)(サハリン)で繁殖し、日本には数少ない旅鳥として渡来する。アオアシシギに似ているが足は短くて黄色みが強く、嘴はまっすぐで基部が太い。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アオアシシギの関連キーワードエトピリカキョウジョシギ嘴を容れる嘴を鳴らす嘴を挟む反嘴鷸ソリハシシギ(反嘴鷸)ハサミアジサシ(挟鰺刺)くちばし型火鉗 (bill tongs)くちばし状蹄鉄 (beaked shoe)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオアシシギの関連情報