アオガエル(英語表記)tree frog

  • あおがえる / 青蛙

翻訳|tree frog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カエル目アオガエル科 Rhacophoridaeのうち,緑色の体色をもつものの総称。どの種も指先によく発達した吸盤をもち,外形アマガエルに似ている。おもに樹上生活をする。産卵期は4~7月。卵は黄色で,白い泡状の物質に包まれ,木や草の上,土の中などに産みつけられる。日本内地に最も広くみられるのはシュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegeliiで,体長4~5cm,体の背面に模様がなく一様に黄緑色で,土中の穴に泡状の卵塊を産みつける。より局地的な分布をするモリアオガエルははるかに大型で,産卵も木の葉の上になされる。琉球列島には別種オキナワアオガエル R. viridisが分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アオガエル科に属する緑色のカエルの総称。アオガエル類の大半は樹上性で,体長8cm前後の比較的大型が多い。日本にはモリアオガエル,シュレーゲルアオガエルなどがいる。後者は体長3〜6cm,本州,四国,九州の固有種で,体背面は黄緑色で変化しない。4〜6月に田のあぜの土中などに泡状の卵塊を産む。南西諸島にはオキナワアオガエル,ヤエヤマアオガエル,アイフィンガーガエルなどが分布する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

両生綱無尾目アオガエル科に属するカエルのうち、体表が一様に緑色をしている種の総称。日本産の種では本州のモリアオガエルRhacophorus arboreus、本州、四国、九州のシュレーゲルアオガエルR. schlegelii、琉球(りゅうきゅう)諸島のオキナワアオガエルR. viridis、ヤエヤマアオガエルR. owstoniの4種が含まれ、台湾や中国大陸にも類似の種が分布する。かつては、オキナワアオガエルを単にアオガエルとよんでいたこともある。
 背面の色調には黄緑色から暗紫色まで変化があり、微小な赤斑(せきはん)や黄斑が散在することもある。色調は周囲の色により変色する。腹面は白色か黄色。指端に吸盤が発達する。体長4~8センチメートル。アマガエルと混同されやすいが、体が大きいこと、目の前後に黒斑のないこと、吻端(ふんたん)がややとがっていることなどで区別できる。一般に山間部や山沿いの湿地、水田の周辺に生息する。繁殖期になると雄はのどの下方にある鳴嚢(めいのう)を膨らませ、美しい声で鳴く。鳴き声は連続した短いパルスよりなり、1音節の長さは0.5秒程度であるが、ヤエヤマアオガエルでは3~5秒と長くなる。アオガエルの卵は比較的大きく、黒色色素を含まない。産卵時に抱接した雌雄が後肢でゼリー状の卵塊をかき回すため、白い泡状となる。水辺の地上や土塊の間に産卵するが、モリアオガエルのように樹上に産卵する種もある。この産卵行動は特異で、繁殖地として岩手県の大揚(おおあげ)沼と福島県の平伏(へぶせ)沼が国の天然記念物に指定されている。孵化(ふか)した幼生は水中で遊泳生活をする。産卵期は春から初夏、琉球諸島では冬から春。産卵期以外は樹上や地上で生活する。[倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アオガエルの関連情報