コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオガエル tree frog

翻訳|tree frog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオガエル
tree frog

カエル目アオガエル科 Rhacophoridaeのうち,緑色の体色をもつものの総称。どの種も指先によく発達した吸盤をもち,外形がアマガエルに似ている。おもに樹上生活をする。産卵期は4~7月。卵は黄色で,白い泡状の物質に包まれ,木や草の上,土の中などに産みつけられる。日本内地に最も広くみられるのはシュレーゲルアオガエル Rhacophorus schlegeliiで,体長4~5cm,体の背面に模様がなく一様に黄緑色で,土中の穴に泡状の卵塊を産みつける。より局地的な分布をするモリアオガエルははるかに大型で,産卵も木の葉の上になされる。琉球列島には別種のオキナワアオガエル R. viridisが分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アオガエル

アオガエル科に属する緑色のカエルの総称。アオガエル類の大半は樹上性で,体長8cm前後の比較的大型が多い。日本にはモリアオガエル,シュレーゲルアオガエルなどがいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオガエル
あおがえる / 青蛙

両生綱無尾目アオガエル科に属するカエルのうち、体表が一様に緑色をしている種の総称。日本産の種では本州のモリアオガエルRhacophorus arboreus、本州、四国、九州のシュレーゲルアオガエルR. schlegelii、琉球(りゅうきゅう)諸島のオキナワアオガエルR. viridis、ヤエヤマアオガエルR. owstoniの4種が含まれ、台湾や中国大陸にも類似の種が分布する。かつては、オキナワアオガエルを単にアオガエルとよんでいたこともある。
 背面の色調には黄緑色から暗紫色まで変化があり、微小な赤斑(せきはん)や黄斑が散在することもある。色調は周囲の色により変色する。腹面は白色か黄色。指端に吸盤が発達する。体長4~8センチメートル。アマガエルと混同されやすいが、体が大きいこと、目の前後に黒斑のないこと、吻端(ふんたん)がややとがっていることなどで区別できる。一般に山間部や山沿いの湿地、水田の周辺に生息する。繁殖期になると雄はのどの下方にある鳴嚢(めいのう)を膨らませ、美しい声で鳴く。鳴き声は連続した短いパルスよりなり、1音節の長さは0.5秒程度であるが、ヤエヤマアオガエルでは3~5秒と長くなる。アオガエルの卵は比較的大きく、黒色色素を含まない。産卵時に抱接した雌雄が後肢でゼリー状の卵塊をかき回すため、白い泡状となる。水辺の地上や土塊の間に産卵するが、モリアオガエルのように樹上に産卵する種もある。この産卵行動は特異で、繁殖地として岩手県の大揚(おおあげ)沼と福島県の平伏(へぶせ)沼が国の天然記念物に指定されている。孵化(ふか)した幼生は水中で遊泳生活をする。産卵期は春から初夏、琉球諸島では冬から春。産卵期以外は樹上や地上で生活する。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アオガエルの関連キーワードモリアオガエル(森青蛙)福島県双葉郡川内村上川内広島県山県郡安芸太田町カジカガエル(河鹿蛙)青野山県立自然公園アオガエル(青蛙)福島県双葉郡川内村シュレーゲル青蛙北摂府立自然公園松川[温泉]カジカガエル草野 心平トビガエル松川温泉武奈ヶ嶽藤七温泉大滝根山鳳来寺山八幡平市青野山

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アオガエルの関連情報