コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオバズク Ninox japonica; northern boobook

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アオバズク
Ninox japonica; northern boobook

フクロウ目フクロウ科。全長 27~34cm。背面は暗褐色で,頭部と頸は灰褐色。尾羽には黒い横縞がある。胸腹部は白色で太い濃褐色の縦斑がある。羽角はなく,頭部は丸みを帯びている。虹彩と足は黄色で,脚は羽毛で覆われる。シベリア南東部,サハリン島朝鮮半島,日本,タイワン(台湾)に分布し,北方で繁殖するものは南方へ渡って越冬する。日本にはおもに夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,日本各地のおもに平地の森林で繁殖する。小鳥,大型の昆虫類,ヘビなどを食べる。南西諸島にすむ亜種のリュウキュウアオバズク N. j. totogo留鳥である。「ほーほー,ほーほー」と 2声ずつ続けて鳴く。(→猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アオバズク

フクロウ科の鳥。翼長22cm。極東および東南アジア,インドに分布。日本では全国の低地および低山の林に夏鳥として渡来し,冬は南方へ去る。夜間活動し大型の昆虫を捕らえる。
→関連項目フクロウ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオバズク
あおばずく / 青葉木兎
brown hawk owl
[学]Ninox scutulata

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。和名は、野山に青葉が茂るころに渡ってきて鳴き出すフクロウを意味する。中国からインドにかけて、また南はインドシナ、フィリピン、スンダ列島まで、アジアの温帯、熱帯の森に広く分布しており、北の地方のものは南へ渡って越冬する。全長約29センチメートル。日本では夏鳥で、人家近くの森にもすみ、ホーホーという鳴き声が一般にフクロウの声として親しまれている。大木の樹洞に巣をつくり、普通4卵を産む。夜間、見通しのよい枝に止まり、甲虫などの大形の昆虫が飛ぶのをみつけると、追いかけて空中でとらえることが多いが、コウモリ、ネズミ、小鳥などもとる。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アオバズクの関連キーワードミミズク(木菟)じゅうじゅうゆうゆうミミズク

アオバズクの関連情報