コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカウンタビリティ アカウンタビリティaccountability

翻訳|accountability

3件 の用語解説(アカウンタビリティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカウンタビリティ
アカウンタビリティ
accountability

会計上の責任をいう。企業会計は株主その他出資者から資産の管理運用を委託された受託者の立場を表わし,日々の取引を記録,分類,計算し報告する会計の一般的手続はこの受託責任明らかにする行為であると考えるのである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

アカウンタビリティ

もともとはアカウンティング(会計)とレスポンシビリティー(責任)の合成語で、会計責任のこと。そこから派生し、説明責任説明義務として用いられる。 権限委譲された職務について、その遂行状況などを利害関係者に説明する義務をいう。 例えば、政府・行政は、その政策内容等について国民への説明義務があり、また経営者は、その財務内容や戦略の展開等について、株主への説明義務を負う。 また、人事考課制度の評価項目として用いられる場合は、“仕事の成果責任”を意味し、コンピテンシーと共に用いられることが多い。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

Wisdomビジネス用語辞典の解説

アカウンタビリティ

アカウンティング(会計)とレスポンシビリティ(責任)の合成語で、直訳すると会計責任。単純に「説明責任」として使われることも多いが、会計主体(おもに企業)が保有する資源の利用を認めた利害関係者に対して負う責任を指す。一般には、企業が株主から委託された資金を経営目的として適正な使途に配分し、その保全をしなければならない責任(財産保全責任)と、その事実や結果の状態を株主に説明する責任(説明報告責任)を表す概念になる。アカウンタビリティは説明報告責任を含んでいるため、単純なレスポンシビリティ(責任)とは区別して使われる。企業だけではなく、政府や行政なども、その政策内容等について国民への説明義務を負う、という意味で使われることもある。

出典|「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
Wisdomビジネス用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカウンタビリティの関連情報