コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカエリヒレアシシギ Phalaropus lobatus; red-necked phalarope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカエリヒレアシシギ
Phalaropus lobatus; red-necked phalarope

チドリ目シギ科。全長 18cm。夏羽(→羽衣)は頭上背面が灰黒色で,背には栗色の縦斑がある。喉は白く,頸から上胸は栗色,腹部は白い。夏羽の羽色は,全体に雄より雌のほうが鮮やかで美しい。冬羽は頭上,背面が暗灰色で,顔と腹部は白い。足は指同士が離れ,各指に葉のような形の鰭のついた弁足となっている。巧みに泳ぎ,水面で旋回して体のまわりに渦をつくって,浮上する小さい生物を採食する。ユーラシア大陸,北アメリカ大陸北部,グリーンランド南部で繁殖し,アラビア海中央アメリカから南アメリカの太平洋岸の洋上,インドネシア中部からメラネシア西部で越冬する。日本では渡りの時期に,沿岸海域や海辺の湖沼河川,水田などに見られる。ヒレアシシギ類は繁殖期における雌雄の役割が普通の鳥とは異なり,たとえば抱卵は雄のみが行なう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカエリヒレアシシギ
あかえりひれあししぎ / 赤襟鰭足鷸
red-necked phalarope
[学]Phalaropus lobatus

鳥綱チドリ目ヒレアシシギ科の鳥。全長約19センチメートル。夏羽は頸(くび)が赤褐色。北半球の極北地で繁殖し、日本には旅鳥としておもに海上に渡来する。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアカエリヒレアシシギの言及

【ヒレアシシギ(鰭足鷸)】より

…世界に1属3種がある。アカエリヒレアシシギPhalaropus lobatus(英名red‐necked phalarope)(イラスト)は全長約20cm。夏羽は上面が青黒色で背には赤褐色の縦斑があり,くび側から上胸部は赤褐色,のどと胸から腹にかけては白い。…

※「アカエリヒレアシシギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカエリヒレアシシギの関連キーワードヒレアシシギ(鰭足鷸)鰭足鷸

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android