コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカガイ アカガイ Scapharca broughtonii

3件 の用語解説(アカガイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカガイ
アカガイ
Scapharca broughtonii

軟体動物門二枚貝綱フネガイ科。殻長 12cm,殻高 9cm,殻幅 7.5cmに達する大型種。殻はよくふくらみ,殻頂の間の平らな靭帯面は狭くて前後に長い。殻表は黒褐色のあらい毛の殻皮でおおわれ,42本内外の放射肋がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アカガイ

 [Scapharca broughtonii].フネガイ目アカガイ属の海産の二枚貝で広く日本の沿岸でとれる.鮨,酢の物などにする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカガイ
あかがい / 赤貝
ark shellbloody clam
[学]Scapharca broughtonii

軟体動物門二枚貝綱フネガイ科の食用二枚貝。軟体はヘモグロビンを含むために赤いので、この名がある。北海道以南から九州までの日本各地のほか、朝鮮半島、中国沿岸に分布し、内湾の水深5~50メートルぐらいの泥底にすんでいる。殻長12センチメートル、殻高9センチメートル内外で、両殻はよく膨らみ、殻表には42本内外の放射肋(ろく)があり、黒褐色の粗い毛の生えた殻皮で覆われている。両殻の殻頂の間には狭くて長い黒色の靭帯(じんたい)面がある。殻の前縁は丸く、後縁は斜めに切断状。かみ合わせはまっすぐで小さい歯が多数並ぶ(多歯式)。腹縁は丸くカーブし、肋に応じて刻まれ、左右かみ合う。内面は白色で光沢はない。産卵期は夏季、水温20℃ぐらいで産卵し、沈着した稚貝は海底にある沈木や貝殻、ゴカイ類の棲管(せいかん)などに足糸で付着しているが、殻長5センチメートルぐらいになると泥底に移る。孵化(ふか)後1年で5.7センチメートル、2年で7.6センチメートル、3年で8.3センチメートルぐらいになる。陸奥(むつ)湾、仙台湾、東京湾、瀬戸内海および有明海などが主要な産地であったが、最近は韓国からの輸入に頼ったり、近縁種のサトウガイS. satowi(市場では、白玉とか、ばっちとよばれる)などを代用とする。
 養殖用の採苗にはカキやイタヤガイの殻を利用したり、シダなどの枝や化学繊維(マブシという)を、タマネギ出荷用の網袋に入れて海中に懸垂設置し稚貝を集める。中間育成はかごの中のマブシに付着した1~1.2ミリメートルの稚貝を沖のブイにつないだ綱からつるして育てる。3~7月ごろ、殻長20~50ミリメートル程度の幼若貝を天然漁場に放流し育成するか、または、野菜用のかごに入れて海底に延縄(はえなわ)式に設置し管理養殖をしている。[奥谷喬司]

調理

アカガイを調理するには、包丁の峰で貝の丁番(ちょうつがい)の部分(靭帯面)を押してちょっと開き、貝殻を離し、身の入っていない貝殻で他の貝殻のアカガイの身をすくい取る。貝柱も、貝殻で貝の中心方向に押すと容易に外れる。刺身、すしだね、酢の物など、生食が美味である。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカガイの関連キーワードイガイ二枚貝類モガイ赤貝二枚貝灰貝皿貝猿頬貝軟体類二枚貝綱

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカガイの関連情報