コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカテツ(赤鉄) アカテツPouteria obovata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカテツ(赤鉄)
アカテツ
Pouteria obovata

アカテツ科の大型高木。アジア熱帯に広く分布し,日本では琉球列島と小笠原諸島に自生する。樹高 10~20m。材は非常に硬く,傷つけると褐色の樹脂を出し,「赤鉄」の名はこの硬さと樹脂の色に基づくといわれる。樹皮黒褐色。葉は互生し長卵形で長さ8~10cm,枝先に密に集る。葉の質は革質で硬く,表面は濃緑色で裏面には赤錆色の毛を密生する。夏,枝先の葉腋に黄緑色,5弁の小花をやや密につける。果実は黒褐色,球形で径5~6mm。小笠原諸島の乾燥地には葉がはるかに小型の変種コバノアカテツ P.obovata var. dubia優占種となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android