コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカヒゲ アカヒゲ Erithacus komadori; Ryukyu robin

4件 の用語解説(アカヒゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカヒゲ
アカヒゲ
Erithacus komadori; Ryukyu robin

スズメ目ヒタキ科。種小名の komadori は原記載者のコンラート・J.テミンクがコマドリとアカヒゲをまちがって命名したもので,コマドリの種小名が akahige となっている。全長 14cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アカヒゲ

ヒタキ科の鳥。翼長7.5cm,コマドリに似るが,背面が赤だいだい色でのどは黒い。南西諸島の固有種で山間の森林に一年中すむ。地上のくぼみなどに枯葉,コケなどを集めてわん形の巣を作り,昆虫,ミミズをおもに食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アカヒゲ【Ryukyu robin】

スズメ目ヒタキ科の鳥。全長約14cm,大きさや形はコマドリによく似ているが,雄の体上面は橙赤色で,のどから胸は黒く,腹が白い。雌は全体に雄より淡く,下面の黒色部もない。屋久島種子島男女群島奄美大島沖縄諸島先島諸島常緑広葉樹林に生息しており,渓流ぞいの林に多い。4~6月の繁殖期には一定地域のテリトリーを占有し,そこで1雄1雌がつがいになって繁殖する。雄はテリトリー内でコマドリとコルリの声をいっしょにしたような美しい声でさえずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカヒゲ
あかひげ / 赤鬚
Ryukyu robin
[学]Erithacus komadori

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。日本特産種。コマドリの近縁種で、上面は暗赤色、雄はのどから胸が黒く腹は白いが、雌は下面全体が灰色。全長約14センチメートル。南西諸島と長崎県の男女(だんじょ)群島に限り分布し、渡りもしない。よく茂った森林、とくに渓谷にすみ、地上を跳ね歩きながらおもに昆虫などの動物質のものをとる。シイなどの高木、崖(がけ)のくぼみなどに巣をつくり、3~5個の卵を産む。さえずりはコマドリに似るが、細い声である。国の天然記念物ならびに特殊鳥類に指定されている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アカヒゲの関連キーワードキクイタダキ楓鳥鮫鶲紅雀米食鳥ジョウビタキ(常鶲)ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)モズヒタキ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アカヒゲの関連情報